「スリム」と「貧弱」は似て非なるもの

太りすぎはもちろん健康に良くないが…

このブログを読んでくださっている方は、どちらかといえば現在太りぎみで体重を何とかして減らしたいと思っている方が多いでしょう。確かに、太りすぎは美容だけの問題ではなく、2型糖尿病やいろいろな病気のリスクとなります。

ただ、太りすぎは健康に良くありませんが、日本の若い女性は逆に痩せすぎている人も多いのです。

痩せすぎは貧血・不妊・免疫力低下・骨粗しょう症などの原因となるので、いくら痩せたいと言ってもほどほどにしておかなければいけません。

スリムと貧弱はどう違う?

よっしーの友人の中には、とても細くて華奢だけど健康的で少しも不調のない人もいます。一方、スーパーなどで「あ、この人大丈夫かな?ちゃんと食事をしているのかな!?」と思わず心配になってしまうような女性も見かけることがあります。

前者と後者では、何がどう違うのでしょうか。

じつは、細いけどいつも元気で健康的な友人は、たくさん食べる子なのです。無理にダイエットしたり、カロリーを気にしたりといったことは全くありません。糖質制限ダイエットはしていませんが、学生時代から肉料理、特に洋食が大好きな子なんです。

「スリム体型」か、それとも不健康そうな「貧弱体型」になるかは、その人がどんなものをどれぐらい食べているかによって決まるのかもしれません。

また、その人がどんな食生活を送るかは、その人の精神状態によって大きく左右されると思います。いつも怒っていて、周囲とケンカばかりし、帰宅するとコンビニで買ってきた菓子パンとスイーツをかじりながら一人、ネットで職場や気に入らない相手の悪口ばかり書く…なんて。結構そういう人は少なくないのでは?

結局「健全なる精神は健全なる身体に宿る」ということになるのかな~と思います。精神科医の藤川徳美先生ゆうきゆう先生はメンタルの病気の患者さんたちに糖質制限指導を行い、成果を上げていらっしゃいます。

あなたの体は何からできていますか?

あなたの脳、髪、肌、内臓、筋肉などはどんなものからできていると思いますか?…決して糖質ではなく、タンパク質だったり脂質だったりします。女性ホルモンをはじめとしたホルモンも、脂質が元になっています。

糖からも脂肪は作られますが、残念ながら人体にとって大事な「必須脂肪酸」は食事から摂取しなければいけません、自分の体脂肪からは補えません。

痩せたいからと言って摂取カロリーを減らしすぎたり、油抜きなどの無理なダイエットを行うと、タンパク質や脂質が不足してしまいます。糖質をたくさん摂取しながらダイエット効果を出そうと思えば、どうしても脂質を制限するしかありませんからね。

そうなると体にとって大事な脂肪すら不足するので、ホルモンが乱れたり、メンタル面にも不調が出やすくなってしまいます。

体と心がともに健康であってこそ、大人の女性(男性もかな!)の美は作られるのです。

心身共に、貧弱ではない健康的なスリム状態を目指しましょう♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.