あなたの周囲に誤解している人がいても、怒っちゃダメ

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


分かりやすいディスりは気にする価値すらない

糖質制限ダイエットをしているみなさん、あなたの周囲に糖質制限ダイエットを誤解している人は必ずいますよね?

つい先ほど、某ブランド米を推しまくるサイトに「ダイエットで炭水化物を抜いて糖質制限をしても、筋肉に蓄えられている水分が出て一時的に痩せるだけ。きちんとお米を食べて、健康的にキレイをめざそう」と書いてあるのを見つけました。

また先日は、製糖会社の社員さんが「砂糖は体に悪いわけがない」とおっしゃっていました。

これらに関しては商売上、なぜ糖質制限ダイエットをdisるのか目的がはっきりしているのでいちいち気にする必要もないと思いますよ♪

ただ問題は、こういう情報をパッと見て、自分の頭で考えずに「へぇー、そうなんだぁ」と鵜呑みにしてしまう方が少なからずいらっしゃるということですよね…

自分と異なる価値観を絶対に認められない方もいる

単に自分の頭で考えられない方はまだ可愛い(?)ものですけど、中には「自分の価値観だけがすべてで、そうでない価値観は絶対に認めたくない」という方もいらっしゃいます。

これは糖質制限ダイエットに批判的な方だけではなく、同じ糖質制限ダイエット系の食事療法を行っている人の中にも、流派(!)にこだわって、ちょっとでもその方の信じている方法と異なる方法をしている人に対してわざわざメッセージやコメントで噛みついてくる方もいるそうです。

このような方は、生まれ持った特性が原因で、自分と異なる価値観に対して強い不安と恐怖を感じてしまうのかもしれないです。

自分と家族のことをまず考えましょう

そういう人に絡まれたり、逆に自分が他人に対して「あー、私の信じている方法が正しいのに!」などと何か言いたくなってしまうこともあるかもしれません。

しかし、基本的に他人は他人なのです。自分と家族の健康が何よりも大事なのであって、あなたがわざわざ多大なエネルギーを使ってまで相手を説き伏せようとする価値があるでしょうか?

何か言われたとしても「あー、あなたはそう思ってるんだね」と思えばいいです。その人が個人的にそう考えているだけ、それ以上でもそれ以下でもないのですから。

自分の個人的な考えに過ぎないことを、あたかも「他の人もみんな自分と同じことを言っている!」などと言いたがる人は、本当は自分の考えに自信がない人です。

あなたが相手に何か言いたくなった時も「まぁ別にいいか」と考えればいいんです。いま現在相手が何か間違っているとあなたが感じたとしても、今はそのタイミングではないのかもしれません。

この先、相手が健康診断の結果が悪化したり、何かのキッカケで考えが変わるかもしれませんしね。もしそれで相手があなたにアドバイスを求めてきたら、その時こそ親切に話をしてあげたらいいんです。それまでは放っておけばいいと思います。

誰かに流されることなく、自分で良いと思った道を行きましょう♪

広告

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.