お正月のおせちと雑煮はどうする!?

おせち料理、どうする!?

まだちょっぴり気が早いかもしれませんが、糖質セイゲニストの皆さん、お正月のおせち料理とお雑煮はどうしますか?

お正月よりも前にクリスマスがありますが、クリスマスケーキは糖質オフのものがいくらでも手に入るようになりましたし、ローストチキンは糖質少ないので♡

ダイエット目的で行っている方なら、1日ぐらいサボってもどうってことない…と言いたいところですけど、よっしーは糖尿病患者なので切実な問題であります。

じつは、おせち料理ってモノによってはかなり糖質が多いんですよ。糖尿病と診断されてから初めてのお正月に糖質オフなおせちを頑張って手作りしましたけど、レシピ本を見ると、たとえば黒豆なんか、豆200gに対して砂糖100gも入れます!!

素材そのものは糖質が少なめでも、砂糖を入れまくりなんですよね。おそらく、保存の問題と関係があるのでしょうけど。

手作り派は調味料に注意して

よっしーのように手作りしてみたい方は、レシピ本の砂糖を人工甘味料にチェンジすればたいていはOKです。みりんも、糖質オフのみりん風調味料があります。

人工甘味料のうちエリスリトールは冷めると結晶化してジャリジャリすることがあるので、おせちの場合は別の種類のものを使うといいかも。

また、お餅はキッチンおおざっぱさんの「サイリウムおから餅」が最高です!!騙されたと思って、どうか試してみてください。

わが家の子供たちにも大好評で、たまに作っています。

糖質制限★のびる基本のサイリウムおから餅 by キッチンおおざっぱ
ラカントレシピTOP!きなこ餅磯辺巻アレンジ自在で食物繊維たっぷりスイーツ♪片栗粉と牛乳は糖質が高いのでおから粉と水で♪

糖質オフのおせちも売られています♪

よっしーが糖尿病と診断された頃はまだあまりなかった気がするのに、いつの間にか「糖質オフなおせち」もあちこちのショップで販売されるようになったみたいです。

ただ、これらは「あくまでも普通のおせちと比べればいくらかマシ」程度で、かなり糖質が多いことには変わりがないので、より安全なものを食べるならやっぱり頑張って手作りしたほうがいいかも…と思います。

肉屋さんの高い肉を買ってきてローストビーフを作りましたけど、それでも市販のおせちを買うよりも安上がりになりましたもの。

子供も、ローストビーフが入っていると喜びました♪

健康が最重要とはいえ、日本の文化も大事にしたい

よっしーの場合は糖尿病なので「日本人だからお米を食べるべき」と言われてもなかなかそんなわけにもいきませんが(お米が大好きで糖尿病を発症した)、お正月にはおせちとお雑煮ぐらいは作って食べたいと思います。

日本の文化も大事にしないとね。ただし、健康に悪影響を与えない範囲で。

来年のお正月も、美味しく楽しく糖質制限ダイエットでいきたいと思います♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.