どんなに頑張っても全然痩せないという方へ

もうすぐ楽しいクリスマスだけど、体重が気になる…?

クリスマスが近づいています。子供たちと、ご馳走の計画をあれこれ練っています。いくつになっても、やっぱりクリスマスは楽しいものですね。

さて、これまで何度も糖質制限ダイエットの方法を記事にしてきたわけですが「私は糖質制限してもどうしても痩せない!!まだ明らかに肥満なのに!!」という方もきっといらっしゃるでしょう?

まずは過去記事をお読みください。
→よっしー流・正しい糖質制限ダイエットのやり方
→運動を始めたら体重が急増した!
→体重減少が止まった!チェックすべき7つの点

今回は「それでもやっぱりどうしても痩せなくて困っている」という皆さんへ向けた記事です。

完全無欠コーヒーにトライ!

みなさんは「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という本をお読みになったことはありますか?

この本の中で紹介されている「完全無欠コーヒー」は大ブームとなりました。以下は本書の中からの引用です。

 最終的にたどり着いたレシピは、コーヒーにMCTオイル大さじ1~2杯と、良質の無塩バターまたはギー大さじ2杯を加えること。
材料を混ぜ合わせたら、これまで味わった中でも最高にクリーミーで、最高に美味しくて、パフォーマンスを最大化するコーヒーができあがった。「完全無欠コーヒー」だ。

よっしーはこの本を始めて読んだとき、完全無欠コーヒーを試してみました。しかし面倒くさいのですぐにやめてしまいました…(´・ω・`)
でもちょっと前、FamilyMartでバターコーヒーが発売されたのを購入してみたのがキッカケで、久し振りに朝食の代わりに飲んでみたんですよ。

そしたらお腹が本当に空きませんし、2型糖尿病で朝~午前中はいつも血糖値が高めのよっしーですけど、血糖値が下がって良好になったではないですか!
午前中はデスクワーク、普通に3食食べていて糖質を制限してもなかなか痩せない、なおかつ血糖値も気になる…と言う方にはまさにピッタリかと。

午前中は完全無欠コーヒーだけで過ごしてみましょう

午前中はデスクワーク中心で筋トレ等しないという方(社会人ならほとんどそうかも…)は、朝食を完全無欠コーヒーにしてみましょう。本に載っている量だと日本人にはちょっと多いと思います。

よっしーはコーヒー150cc+グラスフェッドバター大さじ1+MCTオイル大さじ1で作っています。

↑グラスフェッドバターは高価ですが、よっしーは業務用の5kg入りを購入して小分けに切って冷凍保存して使っています♪

午前中にお腹がすいたら、ブラックコーヒーまたは完全無欠コーヒーをもう1杯。けっこうこれで昼まで持つものですよ♪

糖質制限してもやせない原因は色々考えられますが、体質によっては脂質の摂りすぎでやせなかったり、タンパク質の摂りすぎでインスリンが分泌されてやせにくい場合もあります。

「摂りすぎた脂肪は便となって排出される」とも言われますが、全ての方にそれが当てはまるわけではなさそうです。

午前中をコーヒーだけで過ごして、昼食と夕食ではタンパク質はきちんと摂取してください。バーンスタイン医師によると、成人で1日あたりタンパク質は70g未満にはしないほうがいいそうです。

もし体脂肪だけではなく筋肉量も減り始めてしまうようなら、午前中に少しタンパク質を摂取するようにしてください。

また、この方法だと思いがけず低血糖になることも絶対にないとは言えませんので、インスリン注射を行っている方や低血糖になりやすい方はどうか注意して、医師に相談の上で試すようにしてくださいね。

MCTオイルでケトン体回路が順調に回りやすくなる

完全無欠コーヒーにはMCTオイルを入れますが、このオイルは体脂肪になりにくい上、血中ケトン体を増やします。

さらに他のものを食べないことで、プチ断食効果によりさらにケトン体が出やすくなります。よっしーはちょっと断食すると、血中のベータヒドロキシ酪酸が5000を超えます。

糖質制限ダイエットをしていても、ケトン体回路がうまく回らない人では糖新生ばかりが活発に行われ、筋肉が減りやすくなったり空腹時血糖値が高めになったりするんです。

MCTオイルを摂取して食事を抑えることで、自分の体脂肪をどんどん燃やしてケトン体を出せるようになるんですね♪

ちなみに、どんなにケトン体がたくさん出ていても、それ以上に脂肪を摂取しすぎているとやはり痩せませんのでご注意を。量の加減は難しいですね~。

また、タンパク質を摂取していない時間帯には筋トレなどの激しい運動は控えるようにしてくださいね。そして、糖質を含まない水分をきちんと摂取しましょう。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.