アスリートは健康に長生きしていますか?

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


糖質を摂らないと激しい運動は出来ない?

よっしーは元々体を動かすことは好きで、ジムで本格的な筋トレに励んだり、スタジオで格闘技エクササイズなどに熱中していました。

糖尿病と診断される前は「主食を抜くと筋肉が落ちるから…」と3食、ご飯をしっかり食べ、筋トレの前にはゆでた鶏のささみと玄米おにぎり1個。筋トレ後はプロテインを飲んでいました。愛読書は「マッスル&フィットネス」

そんな私ですから、糖尿病と分かって糖質制限を始めたときは「筋肉が減るのではないか」「運動できなくなるのではないか」と不安でした。

しかし数年間経ちますが、まったく問題ないです。むしろ筋肉量は、ゆっくりと増えている位です。

アスリートの場合はどうでしょう

素人がちょっと運動する程度では、糖質を摂取しなくても何の問題もないことが分かりました。では、プロのアスリートが激しい運動を行う場合はどうなのでしょうか?

糖質制限食は持久力アスリートにおいて、不利にはならない。
こんにちは。米国の医学雑誌・代謝(Metabolism)に、2016年3月、興味深い論文が掲載されました。『糖質制限食は、ウルトラマラソンやトライアスロンにおいて普通の高糖...

2016年アメリカで発表された研究結果によると、マラソンやトライアスロンの選手が糖質制限食にしても運動には何ら影響はなかったそうです。

ただ、ウエイトリフティングのような、瞬間的に大量のエネルギーを必要とする競技などについては、もしかしたら糖質が必要なのかもしれないと個人的には思います。

でも、糖質をわざわざ摂取しなければできないような激しい運動が、果たしてヒトの健康のために必要なのでしょうか?

…野生動物は獲物を追いかけたり敵から逃げたりしていますが、わざわざ糖質食べてきつい筋トレなんてしませんよね?

それでも彼らはほとんど糖尿病にもなりませんし肥満にもなりません。

アスリートは健康になるためにやっているわけではない

アスリートの皆さんは必ずしも健康に長生きするとは限りません。競技の種類にもよりますけど、心血管系の病気で急死なさる方もいらっしゃいますし、100歳を超えて長生きしているおじいちゃんやおばあちゃんの中で、昔アスリートだった方はどれだけいるでしょうか?

アスリートのみなさんは、健康になるために運動しているわけではありません。ある意味、健康を多少犠牲にしてでも最高の競技をするために命を削ってまで頑張っているのです。

だから「アスリートは糖質を摂取している!」と言ってさほど運動するわけでもない一般人が糖質をモリモリ食べる必要はないですし、運動もやりすぎればかえって体に負担をかけるでしょう。

健康のためなら「適度な運動」が一番いいのです。よっしーは若いころ、運動しすぎだったと反省しています。運動さえハードにやっていれば…筋肉を付ければ糖尿病にならないと思い込んでいたんですけど、残念ながら間違っていました。

当時は風邪もしょっちゅうひいていましたし、肺炎にかかったこともありました。今ではめったに風邪もひかなくなりました。

無理のない運動を…

わざわざ糖質を入れてやらなくても無理なく出来る程度の運動が、本来、ヒトの健康のためには最適なのだと思います。

よっしーは現在、軽いジョギングや強度が低めの、赤筋を鍛えるような持久的な筋トレを行っています。

糖尿病で合併症がある方(神経障害、網膜症、腎症)は場合によっては運動が禁止されることもありますので、主治医に必ず相談してから運動を始めるようにしてください。

適度な運動には様々な健康効果がありますので、上手に生活の中に取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.