キクイモでイモ料理を楽しむ秋♪

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


イモなのに血糖値が上がらない!

みなさんは「キクイモ」をご存知でしょうか。

キクイモは北アメリカ原産のキク科ヒマワリ属の多年草で、別名はアメリカイモ、ブタイモ、サンチョーク、エルサレムアーティチョーク、トピナンブールです。

黄色い可愛い花を咲かせるのですが、なんとキクイモ、イモという名前でありながら食べても血糖値がほぼ上がらないのです。気になりますね~。

よっしーは子供の頃からイモが好きで、ジャガイモもサツマイモも間食としてよく食べていましたが、糖尿病になってしまってからは食べていません…

実際に食べて血糖値を測定してみた

昨年の秋、糖尿病仲間数人でキクイモを食べて本当に血糖値が上がらないか実験してみたことがあります。結果は、よっしーを含む何人かはまったく血糖値が上がらず(私は50g食べました)、ひとりだけやや血糖値が上がった方がいました。

キクイモの主成分は多糖類イヌリンを含む食物繊維であり、生の菊芋には13-20%のイヌリンが含まれます。通常のイモと異なり、デンプンはほとんど含まれていません。

イヌリンは難消化性で、普通はヒトの体内ではほとんど消化吸収されませんが、もしかしたら腸内細菌によっては多少消化できる人もいらっしゃるのかもしれませんね!

そのあたりが、食後血糖値の差となって現れたのかもしれません。しかし、誰でも大幅に血糖値が上がることはまずないと思います。

食べても血糖値は上がらないが…

糖尿病患者のよっしーたちが食べても、確かにキクイモで血糖値は上がりませんでした。しかし「食べても血糖値が上がらない」ということと「食べると血糖値が改善する」ことはまた意味が違うんですよね。

キクイモを食べると糖尿病が良くなるとか、キクイモと一緒に糖質を食べると血糖値が上がりにくいなどという効果は、果たしてどこまで期待できるかはわかりません。

だから過信はしないで、あくまでも「糖質制限ダイエット中でも安心して食べられるイモ」ぐらいに思っておくといいですね。

キクイモの調理方法ですが、クックパッドで検索するとキクイモを使ったレシピが500以上ヒットします。サラダ、炒め物、クッキーなど、いろいろな食べ方があるんですよ♪

よっしーの近所のスーパーにはキクイモは置いていませんから、食べたいときは野菜の直売所とかインターネットで購入しています。

糖質制限ダイエット中でも、キクイモを上手に取り入れて、秋のイモ料理を楽しみましょう♪

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.