タンパク質でインスリンが分泌されているか手軽に調べる方法

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


タンパク質でもインスリンが分泌される!?


食べて血糖値が直接上がるのは糖質だけですが、最近では「タンパク質でもインスリンがかなり分泌される」とのことで「もう何を食べたらいいのか分からない!」とパニックに陥っている方もいらっしゃるとか。

これは調べておかないといけないと思いましたよ。

ちなみに、脂質が血糖値を上げることはありません。

一緒に食べた糖質の吸収を遅らせるので、食後かなり時間が経ってから血糖値が上がってくることはあるらしいですけどね。

1型糖尿病の方と、一部の2型糖尿病の方は、タンパク質で血糖値が多少上がるようです。

ある種のアミノ酸がインスリン分泌を促すわけで、それは糖質を食べた時ほどではないにしても、インスリン自己分泌がまったく無かったり、かなり不足している方にとっては血糖値の上昇となって観察できるんですね。

糖尿病の方の場合は、肉を食べた後に血糖値が上がっていれば「タンパク質で血糖値が上がるのだ」ということが分かりやすいかと思います。

しかし糖尿病患者でも、インスリンがどれだけ分泌されているかを自分で直接調べることはできませんし、まして糖尿病ではない方の場合はどうしたらいいかわかりませんよね。

病院で検査しなくてもある程度分かる


そこでよっしーが目を付けたのが、尿ケトンです。

インスリンが大量に分泌されているときは、ケトン体の合成は抑制されます
尿にケトン体が出ているかどうかはケトスティックで尿を検査することによって調べることができます。

普段はしっかり尿にケトン体が出ていても、たまにお付き合いで糖質を食べ過ぎてしまうと、あら不思議、ケトスティックは真っ白…なんていう経験は、多くの方が経験されているんじゃないでしょうか。

この「インスリンが大量分泌されるとケトン体合成が抑制される」ことを利用して、肉を糖質を使わない味付けでたっぷり食べ、1~2時間経過後にケトスティックで調べてみてください。

よっしーの場合は、肉をたっぷり食べてもケトスティックは紫色を示します。
だから、それほど大量にインスリンが分泌されてはいないということです。

ちなみに、深夜2時とその3時間後(5時)にケトスティックを使ってみたことがあります。
2時のケトスティックはすごく濃い紫色でしたが、5時になると明らかに色が薄くなっていました。たった3時間のあいだに何があったのか…後日同じことをしてみましたが、結果は同じでした。

早朝にはインスリン拮抗ホルモンであるコルチゾールなどの分泌が盛んになるため、インスリンも多く分泌されているのかもしれないですね!

ではどうしたらいいのか


タンパク質でもかなりインスリンが分泌されると分かった場合、どうしたらいいでしょうか。

糖質…インスリンを大量に分泌させる、人体には必須ではない(体内で作れる)
タンパク質…インスリンを分泌させる、人体に必須、不足するとさまざまな弊害がある

やはりここは、糖質を減らしてタンパク質は1度にドカ食いしないで1日数回に分けて摂取するのがいいでしょうね。

タンパク質もインスリンを分泌するのなら、糖質とタンパク質を両方たくさん摂取している方では、相当な量のインスリンが分泌されていることになりますね…

「糖質制限をやっていて1日1食だけど、ちっとも痩せない」という方は1食で肉をドカ食いしていないか気を付けてみてください。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.