プライドの高い「専門家」の方たち

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


プロに否定されてしまった…


糖質制限ダイエットをしていると、「医師」「看護師」「糖尿病療養指導士」「管理栄養士」などのいわゆる「プロ」の方々に反対されてしまうこともあるんじゃないでしょうか?

そういう方たちは専門知識もありますし、何か言われると「ぐぬぬ…」と思ってしまいがちですが、必ずしもプロが正しいとは限りません。

だから、何か言われてしまったからといって落ち込まなくてもいいんですよ。

ダメな理由を答えられない管理栄養士さん


以前、ある管理栄養士さんが糖尿病教室で「ご飯をきちんと食べましょう」と言っていました。

そこで年配の男性が「あのー、ご飯を食べると血糖値が上がりますよね?それでも絶対にご飯を食べないといけない理由は何ですか?」と質問したのです。

すると若い管理栄養士さん、うっ…と言葉に詰まってしまいました。

ご飯を食べると確かに血糖値は上がりますけれども…その…食べてください」としか言えず、その理由については何もおっしゃいませんでした。

たぶん教科書にそう書いてあるからそう言っただけで、理由についてはその方も本当にご存じでなかったのでしょう。突っ込んでも良かったんですが、かわいそうなのでやめました

ちなみに病院で働く看護師さんの中には糖尿病患者もいて、血糖コントロールはそれほど良好と言うわけではないみたいです。血糖値を見せてもらいましたが、よっしーよりも高かったです。

プロだから最善の治療を受けているというわけではなさそうです。

別の看護師さんは「糖質制限しすぎると筋肉が減るから気をつけないと駄目よ」とアドバイス?して下さったのですが「ありがとうございます、でも私、運動もしていますし、かえって筋肉量増えたんですよね」と言うと、「あ、それは良かったね…」と言う感じでそれ以上何もおっしゃいませんでした。

眼科医の深作秀春先生の元へは、自分が糖尿病専門医でありながら糖尿病網膜症にかかってしまい「なんとかしてくれ」と駆け込んできた同級生もいたそうですよ。

専門医でも、自分の合併症は防げなかったようですね。

プライドだけ高くても…


思うに、プロの方々は「自分はプロなので専門知識を持っているんだから」というプライドはお持ちだと思います。

だけど、必ずしも「正しい」知識を持っていらっしゃるとは限らないんですね。
むしろ、生真面目な性格のヒトほど、学校で習ったことは絶対に正しいと思い込んでしまっているのではありませんか?

よっしーの主治医は、最初はどちらかというと糖質制限ダイエットには反対でした。

だけど何年間もよっしーの経過を見守ってきて「糖質制限のおかげでここまで良くなったんだね」と言ってくれるまでになりました。

だって結果が出ている以上、否定する理由がないですもんね。
主治医、面白い論文を「読んでご覧」と紹介してくれたり、なかなか良好な関係をキープできていると思っていますよ。

皆さんも、もし「プロ」の方から糖質制限ダイエットを否定されたとしても、それはその方がそう思っているだけのこと。それ以上でもそれ以下でもないのですから、振り回されてはいけません。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.