健康な男性が糖質制限ダイエットをやってみた結果

健康な人が糖質制限するとどうなる!?

よっしーは重症の糖尿病患者です。そのため、糖質制限は必要に迫られて「やるしかなかった」という感じですね。

しかし夫は糖尿病ではなく、あえて言えば「標準体重を若干オーバーしているので痩せたい」という程度でした。そんな彼が自主的に糖質制限ダイエットを初めてどんな変化があったのかについて今回は書こうと思います。

夫はよっしーほどストイックにやっているわけではなく、1食あたりの糖質摂取量は朝と昼は~15g程度ですが夕食では20gぐらい摂取していると思います。

なお、糖質制限ダイエットを開始する前と現在では、食事以外の条件(運動の量や内容など)は一切変えていません。

なごみ
糖尿病の方ならともかく、健康な人が糖質制限して何か悪い影響はないのか?などと気にする方がいらっしゃいますよね。

よっしー
糖尿病患者が元気になる食事が、一般人の健康に悪いわけが無いんだけどね~。

運動だけではどんなに頑張っても痩せなかったのに…

結婚当初から夫は「もうちょっと痩せたい」と言っていました。身長181cmで体重は76kgぐらいありました。

そのためジムで筋トレしたり10kmぐらい走ったりしていましたが、どうも筋肉があまりつかず、胸板が薄っぺらい感じで、そのくせお腹は脂肪がついてました

ところがよっしーの真似をして糖質制限ダイエットを開始したところ、運動は何も変えていないのにどんどん体重が落ち、腹筋が割れて6パックが!!

現在では体重は68~69kgで体脂肪率は1ケタ、胸と腕の筋肉が明らかに増えて理想的な細マッチョ体型になりました♡

で、夫の体型がとてもかっこよくなったので、職場で男女問わず同僚の方たちから「どうやって痩せたか教えて」とよく訊かれるそうです。

40歳以上の方は健康診断でメタボ健診がありますが、もちろん夫は「該当しません」と書かれていました♪

もうちょっと太ってもいいかもしれませんが、マラソンに出る人なので今ぐらいの体重が調子がいいそうでよ。

血液検査の結果はどうなった?

では血液検査の結果はどうでしょう?夫は定期的に献血をしているので、会社の健康診断以外にも血液検査を受ける機会が多い人です。以下は血液検査とその他のデータです。

・HbA1c…ほぼ変化なし(糖尿病ではない)

・血圧…少し下がった

・肝機能…もともと悪くないが、さらに良好になった

・腎機能…もともと正常で変化なし

・中性脂肪…もともと正常でさらに良好になった

・コレステロール…HDL正常、LDLはいったん跳ね上がったがナイアシン服用で正常値になった

・貧血関連…もともと正常で変化なし

・頸動脈エコー…異常なし

こんなところですね。HbA1cに関してはぐっと下がるのかと思ったら、もともと糖尿病ではないのでほとんど変化はないですね。夫は意外そうでした。

糖尿病ではない人は、たくさん糖質を摂取しても血糖値はあまり上がりません、インスリンが大量に分泌されているからです。

しかしインスリンの追加分泌が動脈硬化や認知症、ある種のガンのリスクになっていることが分かってきています。見かけ上血糖値にはほとんど変化が無くても、糖質制限によりインスリン追加分泌は確実に減っていると思われます♪

コレステロール値に関しては、夫のように糖質制限を開始すると急激に跳ね上がる方はしばしばいらっしゃるようですね。

しかし、もともとコレステロールがめちゃくちゃ高くなる病気(家族性高コレステロール血症)でない限りほとんど心配はいらないようです。

それでも健康診断のたびに「病院へ行け」と言われるのが面倒なので藤川徳美医師のブログを見てナイアシンを飲んでみたら、正常値になったのでほっとしています。

あれほど悩んでいた花粉症とインフルエンザが…

夫は花粉症で、気が付くとポターッと鼻水が垂れていることが以前はよくありました。せっかくのイケメンが(´;ω;`)…

でも糖質制限ダイエットを始めて、気が付くと花粉症の症状が出なくなっていました。これはすっごくありがたいことです♪辛そうでしたからね。

それと、夫は毎年インフルエンザにかかっていました。「パパがインフルエンザになったのでマスクをしています」という見出しと共に、まだ赤ちゃんだった長男がマスクをしている写真(←無駄な努力かも…)がアルバムに貼ってあったりします。

インフルエンザの予防接種を受けても、結局夫や息子たちはほぼ毎年かかっていました。やれやれ…息子たちは、クラスで真っ先にかかったこともありました。

ところが、糖質制限を始めてからは予防接種は受けていないにもかかわらずまったくインフルエンザにかからなくなりました。それどころか、彼は風邪もひかなくなりました。

糖質制限ダイエットをしている人が全員風邪やインフルエンザにまったくかからなくなるわけじゃありませんけど、以前と比較すると明らかに免疫力が上がっています。

あと、以前は「どんなに寝ても全然疲れが取れない」という感じがあったそうですけど、それもなくなっています。運転中の眠気もないそうです。

味覚・食生活の変化!!

昔の夫は、特売で58円で買ったポテトチップスを夕食後に1袋全部食べたりしてました。「安いからいいや~」的な。板チョコなんかもストックしていました。

でも現在は、もちろんそんなことはしません。頂き物の普通のお菓子を食べる時も、1度に全部食べずに数回に分けてチビチビと食べていますよ。

昔は普通の板チョコを食べていましたが、今は甘すぎてまずくて食べられないそうです。86チョコでも「ちょっと甘い」と言ってます。

糖質制限を始めて1年ぐらい経った頃、以前よく行っていたカレー屋さんに行きカツカレーを食べてみたところ、気分が悪くなって全部食べられずに残してしまったそう。あれはいわゆる「糖質酔い」ってヤツなんですかね??

会社の帰りに、たまにスーパーに寄って半額のお刺身を買ってきたりします。だから夕食は超豪華です。お刺身って普通に買うとかなり高いけど半額なら♡

夫は「運動時には糖質が必要」と思っていたそうですが、糖質制限を始めてみたら以前よりも筋肉が付いたし、以前は10kmしか走れなかったのが糖質制限を初めてフルマラソンを走れるようになったので驚いています。

フルマラソンで走っている最中でさえ、給水所で糖質を食べすぎると気持ちが悪くなるとかで控えめにしています。そんなに糖質摂らなくてもちゃんと完走できるんですよね。

まじめん
フルマラソンの前にはカーボローディングが常識かと思っていましたが違うんですね!

よっしー
そうね、もうそれはひと昔前の常識になりつつあるかも…脂肪をエネルギーとしてうまく使える状態になっている人であれば、マラソンにもほとんど糖質は要らないみたい。

まとめ:糖質制限は糖尿病患者だけのものではない

糖質制限ダイエットは、決して糖尿病患者だけのものではありません。糖尿病患者が健康になる食事方法なのに「糖質制限すると糖尿病になる」などと???なことを言う人たちもいますが…

夫は3年前から実践していますが、とても体調がよく、最高にかっこいい体型になっています。40代のおじさんとしては申し分ないカッコよさです♪

迷ったら実際にやってみてくださいね。何らかの病気をお持ちで主治医から禁止されていない限り大丈夫だと思います。もちろん、これまで診断されていなかっただけで実は病気が…ということもあり得るので、何かおかしいと思ったら病院で検査を受けてください。

なごみ
良かった、健康な人にも糖質制限ダイエットは安全なのですね♪

よっしー
そうね、ヒト本来の食事方法に近いものね、ただし自己流ではなく正しく行うことが大事ね♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.