子供の糖質制限ダイエット

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


子供も肥満や糖尿病になる…


メタボと言えば中高年のイメージがありますが、この頃では小学生の肥満や、それに伴う糖尿病が問題になっています。

子供の糖尿病といえば生活習慣とは無関係に発症する1型糖尿病と思いがちですが、日本人では小学生ぐらいの年齢になると1型よりも2型糖尿病の子供のほうが多いそうですよ。

中学生になるとさらに2型の子が増えます。

子供の2型糖尿病は、肥満によってインスリンの効きが悪くなっているのであり、むしろインスリンは普通よりもたくさん分泌されている傾向があるそうです。

このままの状態で何年も経ってしまうと、インスリンの分泌能力が低下していき、成人と同じような糖尿病になってしまいます。

やはり、肥満を解消すること、糖質を摂りすぎないことが重要ですね。

子供の糖質制限ダイエットは是か非か


では、肥満の子供に糖質制限ダイエットをさせてもいいのでしょうか?

この点に関しては専門家の間でも意見が分かれていますが、「縄文時代以前はみんな糖質制限食だったのだから、糖質制限食がヒトの体に合っているのだ」と言いながら「成長期の子供は糖質制限をしてはいけない」という方もいらっしゃいます。

なんとなく矛盾しているな…と思ってしまいます。

だって縄文時代以前の子供は、何を食べていたの?子供だけは糖質を大量に食べていたの??どうやって??と思いますよね。
まだ「ヒトには糖質が絶対に必要である」という人の意見のほうが一貫性がある気すらします(!)

糖尿病患者を多数診察してこられた江部康二医師は「子供にも糖質制限食をさせても何ら問題はない」とおっしゃっています。
ただし現実には、学校給食などの問題もあって難しいので、糖尿病でない限りそこまでしなくてもいいだろうと。

それに、大人で糖尿病が重くていつ合併症が起こるかわからない状態にもかかわらず「糖質が大好きだからどうしても糖質制限なんてできない!」と怒り出す人もいるぐらいです。

子供に、それができるのか?という問題が最もハードルが高いんじゃないかと思います。

必要な場合は、正しく行うことが重要


確かに、肥満児は明らかに食べ過ぎていることが多いので、食事量を減らすだけでも普通は適正な体重に落ち着くと思います。

しかし糖尿病などで、一刻も早く血糖コントロールをきちんとしなければいけない場合などは、専門家の指導の元で糖質制限食を行うのも良いのかなと思います。

三島塾の生徒さんたちは糖質制限で集中力がUPし、学力が伸びているそうですよ。

成長期の子供はただ痩せればいいというものではなく、成長のためのエネルギーや各種栄養素(糖質ではなく、ビタミン・ミネラル・たんぱく質・良質の脂質など)はしっかりと摂取しなければいけません。

そういう意味で、大人の糖質制限ダイエットよりも難易度が高いと言えます。
専門的な知識を持った人の指導の元で行わなければいけませんね。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.