山田悟先生式ロカボダイエット

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


ロカボはゆるやかな糖質制限



山田悟先生は糖尿病専門医であり、北里大学北里研究所病院糖尿病センター長でいらっしゃいます。「ゆるやかな糖質制限=ロカボ」を、糖尿病専門医の立場から普及に努めていらっしゃるようで、患者さんたちからも大きな信頼を得ているのでしょう。

糖尿病について熟知している医師が患者さんたちに勧めるのだから、ダイエット目的でも安心して取り組めそうですね。

山田先生の「ロカボ」は、1食当たり糖質40gまで摂取可能で、比較的ゆるいルールみたいです。まずは「継続できる」ことを第一に考えると、このぐらいからでいいのかもしれません。
1食40gでやってみて、効果が不十分であればもう少し減らしてみてもいいわけですし。

ケトン体はどうやら悪ではない…


山田先生は以前、「ケトン体が出るような極端な糖質制限ダイエットは危険ではないか」という懸念を持っておられた様子です。
しかし慎重に観察を続けた結果、どうやらケトン体は有害でないばかりか、糖尿病の患者さんの腎機能の保護などむしろ有益な点が多くあるのではないかと言う結論に至って安心されたようですね。

もっとも、ご飯や甘いものが大大大好きな人にとって、「ロカボ」でもかなりキツいと思います。痩せたいけど無理はできない、という方はまず「ロカボ」でゆるく始めてみるのもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.