思い込みを捨ててみませんか?

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


主食を減らしたら立ちくらみが…

よっしーは数年前まで「主食は大事、主食を食べないと体調が悪化する」と思い込んでいました。中学3年生の時、ダイエットしたくて給食のご飯やパンを半分残していたら、立ちくらみがしたので中止したからなんです。

でも、それって今思うとカロリー不足だったんですよね、単に。
その証拠に、正しい糖質制限ダイエットを実践してみたら、体調は抜群です。

あの頃の食事よりも糖質は圧倒的に少ないですが、カロリーは多いです。
主食を減らしただけでおかずを増やさないダイエットは、単なるカロリー制限ダイエット。正しい糖質制限ダイエットじゃないんですよね。

真面目な方なんだろうなぁ…

昔のよっしーみたいに、間違ったダイエットをして勝手に「糖質が必要なのだ」と思い込んでしまった人もいるかもしれません。

しかし、1度も試したことがないのに「糖質を食べないと筋肉が落ちる」「体調が悪化する」と思い込んでいる人は多いのでは?

それはなぜかと訊いてみると「栄養学の教科書にそう書いてあったから」とか「ねずみの実験で高脂肪食は良くないって…」とおっしゃいます。

ああ、真面目な方なのだろうなぁと思います。
だって、教科書に書いてあることは絶対に正しいはず、と思うのはある意味、とても真面目だからでしょう?

あと、私たちは草食動物のねずみではありませんから、自分の場合はどうなのか?が大事ですよね。

種痘で牛になる!?

よっしーの場合は、「正しいはず」のヘルシーな食生活で糖尿病になってしまったので「ありゃ?もしかして今まで正しいと思っていたことが実は間違っていたんじゃないか?」と思ったのがキッカケでした。

人間、よほどのキッカケがない限り、なかなか考え方は変わらないものですね。

「糖質制限ダイエットがいいのか悪いのか分からない」と言う方は、あれこれ考えずに、とりあえず3日間だけ試してみてはいかがでしょう?

1度もやったことがないのにダメと決めつけるのは、非常にもったいないなと思います。

江戸時代に「種痘を受けると牛になるらしい」という噂が広まり、当時の医師たちは非常に苦労したそうですが…

「糖質制限ダイエットをすると、病気になったり筋肉が落ちるらしい」というのも、そのぐらい滑稽な気がします。

実際、そうではない人が山ほどいるのにね。まぁ、怖いと思う人はやめておいたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.