情報の取捨選択は自己責任で

ダイエット本の顔ぶれが変わった


書店に行くと、健康本やレシピ本のコーナーには何十冊もの糖質制限関連本がずらりと並んでいます。ほんの5年前とは、かなりの違いです。

わずかな時間なのに、隔世の感があります。
これが、世の中の流れなのでしょうね。

そして申し訳なさそうに、この流れに逆らいたいかのようなタイトルの本がひっそりと混じっていたりします。ま、商売ってやつはいろいろと大変です。

流行っているものを叩いてみても、必ずしも売れるとは限らないので。

ダイエットに関して、単に痩せるだけならいろいろな方法があって当たり前でしょう。

よっしーも、高校時代にリンゴダイエットで3kg痩せたことがあります。
…やめたらすぐにリバウンドしましたけどね(笑)

低脂肪低カロリーダイエットはかなり痩せましたが、バストが小さくなりました
やめたら元の大きさに戻りました。

痩せても血糖値が!?


本と言えば、子供の頃、家にあった本に「ご飯こそ日本人の体質にぴったり合った食品です」「ご飯をしっかり食べないと綺麗に痩せることはできません」と書いてありました。

その時は「なるほど、そうだよねぇー」と思ったんです。
でもその本に書いてあることを守ったはずの父は糖尿病になりましたし(父は寿司が好きでした)
そもそも、日本人は欧米と比べて痩せている人が多いのになぜ欧米と大差ない割合で糖尿病になるのか?という話ですよね。

誰も責任を取ってくれない


色々な人が、本やブログなどで自分の考えを自由に発信できる時代になりました。

しかし、その情報を見てマネをした人が病気になったり、持病が悪化したとしても、情報の発信者はなーんにも責任を取ってくれないんです。

実名で情報発信している医師などは別としても、ほとんどの場合、匿名のシロウトですからね。もちろん、よっしーもそれは同じです。

だから、当ブログも含めて、情報のご利用はあくまでも自己責任でお願いいたします。

ネットの、本当かどうかもわからない体験談なんかを信じてお金を払ってしまうと、大変なことになるかもしれません。
その人はあなたがどうなっても、責任は取ってくれないですよ。

全てにおいて、いつも自分の頭で冷静に考えて判断することが大事なのですね。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.