日本人の食生活・何が正解?

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


日本人には米を中心とした食事が合っている?

定期的に起こる、糖質制限ダイエットへのネガティブキャンペーン。

「私は糖質制限ダイエットしたくない」というのは個人の自由ですが、事実ではないことを挙げて「だから糖質制限ダイエットは健康に悪いんだ」と言われては困ってしまいますよね。

よく言われるのが「昔の日本人はお米を中心に食べていて、肉はあまり食べなかった。それでちゃんと元気に働いていた。だからお米中心の粗食が良いのだ!」ということです。

本当にそう言えるでしょうか?

戦後、日本人の平均寿命が大幅に伸びた!

(上のグラフはYahoo!ニュース様よりお借りしました)

日本人の平均寿命は、戦後飛躍的に伸びました。もちろんこの変化は、衛生状態の変化や医療技術の発展によるところも大きいでしょう。

でも、それだけでここまで変わるでしょうか?

戦後、日本人の食生活は大きく変化しました。特に動物性たんぱく質の摂取割合が増えました。

その結果、短期間で日本人の平均寿命も平均身長も飛躍的に伸びたのです。

タニタ様のサイトより。なんと、白米中心の食生活だった江戸時代の日本人は、縄文時代よりも身長が低かったのですね!!

縄文時代は狩りが思うようにいかないこともあったでしょうし、ぐんぐん身長が伸びるには食事がやや不足していた可能性もあるのに、それよりも小さかったとはね。びっくりです。

平均寿命も短く、身長もかなり低かったのが江戸時代。

仏教で肉食が禁じられてから、日本人の身長が低くなっていくのが上のグラフを見ると分かりますね。

こちらもタニタ様のサイトより。

戦後と現代、意外にもエネルギー摂取量はほとんど変わっていませんが、その内訳は現代において動物性たんぱく質の割合が多いです。

その結果、平均寿命と身長は大きく伸びました。

もちろん、変化したのは食事だけではありませんから、単純に食事だけが原因と論ずることはできませんよね。

でも昔の日本人の食生活を現代人が真似した場合、果たして病気にもならずにどれだけ長生きできるのか?は、やってみないとわからないのではないでしょうか。

昔の人たちは、糖尿病やがんになる年齢になる前に亡くなる人が多かったわけですからね。

自分で考えて判断しましょう

結局、健康に長生きするためにはどのような食事をするべきかは、自分で考えて自分の体調と相談しながら判断するしかないわけです。

よっしーも、試行錯誤をこれからも続けて行くことになると思います♪

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.