渡辺信幸先生式MEC食ダイエット

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


肉・卵・チーズの分かりやすいダイエット

沖縄の医師・渡辺信幸先生の「MEC食」
MECとはM…meat(肉)、E…egg(卵)、C…cheese(チーズ)の略。

食事を減らすことを考えるよりも、肉・卵・チーズをはじめとしたタンパク質と脂質をしっかり摂取して人体には不要な糖質を控える食事こそが正しいダイエットにつながるという考えです。

他の糖質制限系ダイエットと少し違うのは「糖質を制限する」よりもまず「必要な栄養をしっかり満たすことを重視している」という点だと思います。

やり方としては、肉200g・卵3個・チーズ120g
これを1日当たりに最低限必要な量として、一口30回以上よーく噛んで食べるというものです。

もちろん、よーく噛んで食べてもまだ足りないというかたは、それ以上の量を食べてもOKだそうです。

誰にでも分かりやすい方法

肉はどんな種類でもよく、また肉・卵・チーズしか食べていけないわけではありません。

ヒトは体内でビタミンCを合成できないので、それを補うために葉野菜を一緒に食べることを渡辺先生は推奨しておられます。

また魚もいいですが、肉のほうがより栄養価が高いのでより良いとのこと。

個人的には、縄文時代以前の日本人は魚も食べていたらしいですし、ある程度の魚は食べたほうがいいのではないかと思っています。美味しいですしね。

このあたりは個人の考えによりますね。

MEC食が素晴らしいなと思うのは、具体的に「これだけは食べるべき量」が示されているので、面倒な栄養計算をしなくてもいいことです。

なお、卵アレルギーの場合は、肉やチーズを多めに食べるなどして補うということですが、念のため医師に相談してからのほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.