炒り卵をご飯の代わりにしてみよう

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


ご飯が恋しい…


糖質制限ダイエットを始めたばかりの方は、「主食」がないことに何となく物足りなさを感じてしまうことがあるかもしれませんね。
慣れてしまうと、主食という概念そのものを忘れてしまうので平気ですが…

そんな方は、卵2~3個を炒り卵にしてみてはいかがでしょうか?
安くて栄養たっぷりの卵は、糖質制限ダイエットの強い味方です。

コレステロール値が気になる


しかし、卵をたくさん食べるとなるとコレステロール値が気になる方もいらっしゃるでしょう。

よっしーは毎日卵を3~4個食べていますが、HDLコレステロール・LDLコレステロール・中性脂肪すべて正常値です。
中には、毎日10個ぐらい召し上がっている方もいらっしゃるそうですよ。

コレステロールそのものは人体にとって重要なものなので、食事からの摂取量が少ない時は体内でたくさん合成します。
菜食主義でもコレステロールが高い方がいらっしゃるのは、このためです。

コレステロールの調整が得意な体質の人は、卵をたくさん食べても体内での合成量を減らすのでちょうどいい感じの値になります。
しかし、コレステロールの調整が苦手な体質の人は、なかなか調整がうまく出来ずにコレステロール値がびっくりするほど高くなるかもしれません。

でも、家族性高コレステロール血症という病気でない限り、きちんと糖質制限が出来ている前提でコレステロール値が上がっても薬を飲む必要はないと先生方もおっしゃっています。

コレステロールがたくさんあるだけでは何も起こりませんが、食後高血糖が起こったときにコレステロールがたくさんあるとマズいことが起こります
卵焼きだけを食べるのと、どんぶりで卵かけご飯を食べるのは同じに考えてはいけないのですね。

もっと卵を活用しよう!


卵は、安価で栄養豊富な食品です。
いろいろな食品との相性もいいです。

糖質制限ダイエットに、賢く取り入れていきたいですね。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.