砂糖が悪いわけではない…

製糖会社からの反論

ここ最近の糖質制限ダイエットブームに対して、国内製糖会社最大手の三井製糖さんから「砂糖が人体に悪いわけがない」という反論がなされたそうです。

⇒糖質制限はダイエットの敵? 逆風に反論、砂糖博士「悪いわけがない」

製糖会社が「砂糖は悪くない」と言うのも、お米関係の方が「お米は悪くない」と言うのも至極当然アタリマエのことなので、あ~そうだね、ぐらいに思っておけばいいと思います。

誰が言っていることが正しいのか判断するのは私たち自身ですし、客が何を選んで買って食べるのも自由ですからね♪

ただ「砂糖(だけ)が悪いのではない」という主張は正しいと思います。

砂糖はあまり摂取していなかったのに糖尿病になった

多くの方は「砂糖は体に良くないけど、ご飯はゆっくりと吸収されるから血糖値が上がりにくいし、絶対に必要な食べ物だよね」と思っているんじゃないですか?

よっしーも糖尿病になるまではそう思っていたので、コーヒーに砂糖は絶対に入れませんでしたが、ご飯は1日3回きちんと食べていました。ご飯中心なので、魚や納豆など和食が多かったです。

たまに外で買って食べるときは、マクドナルドよりもサブウェイのサンドイッチでしたね、カロリーが低くて健康的だと思ったので。あと、お寿司も大好きでした。おやつは果物が多かったです。

それで糖尿病になってしまいました。今思うと、砂糖を摂取しなくても、ご飯やパンや果物でかなりの糖質を摂取していたと思います。カロリーばかり気にして、糖質量を意識したことなど1度もありませんでした

だって「糖質は脳や筋肉のために重要な栄養素です」って、どの栄養学の本を見ても当時はそう書いてあったんですから。

砂糖だけが血糖値を上げるのではない!

糖尿病の検査でOGTT(経口ブドウ糖負荷試験)というものがあります。これは75gのブドウ糖を溶かしたサイダーのようなものを患者に飲ませて、1時間後、2時間後の血糖値がどれだけ上がるかを見るものです。

日本糖尿病学会は「すでに糖尿病と診断されている患者には(血糖値が上がりすぎて)危険なので原則としてこの検査は行わない」としています。

75gのブドウ糖と聞くと、とてつもなく大量に感じるかもしれませんね。でも、マックシェイクストロベリーMサイズには67.8gの糖質が入っています。普通のコカコーラ500mlには糖質56.5gです。

「やっぱり砂糖たっぷりの飲み物は体に悪いんだね、でも私はそういうの飲まないし~♪」とおっしゃるかもしれません。でも、標準的なメロンパン1個の糖質は58.2g、肉まんは糖質44.3g、回転寿司で2貫入りの寿司を5皿食べると糖質は75gちょいになるんですよ。ご飯250gのかつ丼は糖質116.3gです。

だから私のように、甘いものを避けていても糖尿病になる可能性は十分にあるんですね。ご飯の血糖値の上がり方が緩やかと言っても、砂糖に比べたら多少緩やかなだけです。食後にデスクワークなどで座りっぱなしだと、結局糖質の分だけ血糖値は上がります。

そういう意味で「砂糖(だけ)が悪いのではない」という製糖会社の主張は正しいと思います。

糖質を食べるのも食べないのも、あなたの自由です

何度も書いていますが、あなたは糖質を食べるか食べないか自分で自由に選択する自由があります。誰かの儲けがどうとか、そんなの関係ないです。

私は、自分の健康が一番大事です(*´艸`*)

周囲が何を言っていても気にしないで、自分の思うように食べたいものを食べてくださいね。そして、他の人に自分の食事法を押し付けないことです。すべての結果は、その人自身の自己責任です。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.