糖質制限はカルト、宗教、マイノリティ、危険…


にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


ヒトはネガティブなことを検索したがるらしい

ちょっと耳に挟んだことですが、人はネットで何か情報を検索するとき、ポジティブな情報よりもネガティブな情報を検索してしまいがちなんだそうです。

だからなのか、当ブログのアクセス解析を見ても「糖質制限 免疫力低下」「糖質制限 ガリガリ」「耐糖能 糖質制限」「糖質制限 宗教」など、まぁネガティブな検索だらけですwww

本当に心配で気になっている皆さんには、以下の過去記事をじっくり読んでいただくことにしましょうか。

 

→極端な糖質制限ダイエットで免疫力が低下?

→糖質制限ダイエットへの不安…

→糖質制限ダイエットの恐ろしい「落とし穴」

 

 

あっ、でも「カーボフ」「よっしー 糖質制限」「あすけん 糖質制限」「糖質ひかえめブレッド」などの検索ワードで来て下さる方のほうがずっと多いですよ♪ いつも本当にありがとうございます。

日本で糖質制限ダイエットが広がり出して、きちんと勉強される医師や管理栄養士さんも増えましたし、日本の医師の53%・管理栄養士の55%が糖質制限ダイエット支持派なんですって、いまは。

 

カルトな人ほど「カルト」を連呼!?

そういうわけで、「糖質制限は宗教!カルト!」と大騒ぎする人はだんだん減ってきているみたいですね(;^_^A

だって大手企業が次々に糖質制限ダイエットに参入してきているのに、みんなカルトだって言い張るのはあまりにも…

宗教と言えば昔、知人が特定の新興宗教のことを「あれはカルトだ、あんなの信じてるやつらは地獄に落ちろ!」と騒いでいてドン引きしました。その人は別の新興宗教の信者なので…

 

 

はっきりいって第三者から見ればどっちもどっちじゃないかと感じました。別にその宗教がどうこうじゃないですけど、あの必死さが怖いのでそれ以来、その人と一切かかわってません。

つまり「宗教!カルト!」と騒いでいる人はやはり別の…ということです。普通の人はそこまでムキになりません、その必要がないからです。

でも他人に食事法の押し付けはやめましょうね。あくまでも、やりたいと思った人がやればいいんです。ブログは見たい人だけが見ればいいですが、わざわざ他人のブログなどに出かけていって「あんたも今すぐ糖質制限すべきだ!」と書き込むのはいけません。

誰が何を信じようがその人の勝手ですけど、押しつけや口汚い罵りはいただけませんよね~。いいじゃないの、隣で他の人が何食べてたって。

 

多数派だと何となく安心できる?

今でこそ糖質制限ダイエットを支持する方は増えてきていますけど、数年前まではまだまだ「異端扱い」だったそうです。

よっしーが糖尿病と診断されてしぶしぶ(?)糖質制限ダイエットを始めたのはわずか3年前ですけど、当時でさえ明らかに今とは違いました。ブログなどの情報も今とは比べ物にならないほど少なかったと思います。

もっと前から糖質制限ダイエットを継続されてきた諸先輩方はきっと、大きな苦労があったのだろうと思います。糖質制限している方は少数派だったでしょうからね。

 

 

日本人は特に、周りに合わせて行動する傾向があり、周囲と違うことを行うのを嫌う性質が強いんだそうです。これが同調(conformity)です。

とくに確固たる信念があるわけではなく、多数派にいれば何となく安心という心理なんですって。善悪の基準がはっきりせず、みんながやってることが正しいと考えてしまうんです。

だから内心「糖質制限ダイエットはいいかも」と思っても、みんなに知られたら良く思われないのではないか…なんて思ったりして。

もしあなたが女性で、ある男性アイドルを内心「いいな」と思っていても、ボス的な女子が「あのアイドルきもいわ~」と言ってて周囲も賛同していたら、何も言い出せないのではないでしょうか。ごく当然のことですね…

 

自分のしたいようにしたらいいと思う

幸い(?)よっしーには糖尿病という大義名分がありますので、飲み会の席などで「私、糖尿病だから糖質制限してるんだよね、だれかこのポテトもらってくれないかなぁ?」などと言いやすいですし、誰も非難する人はいません。

でもこれがダイエットとなると、たちまち不機嫌になって説教してくるお局様とかいるんですよね…(;^_^A 中には、ダイエットと聞いただけで強制的に菓子を食わせようとする方までいました(何がしたいんだ…)

お局様は親切心から言ってくれてるのかもしれないけど、それ明らかに間違ってるし、そもそも余計なお世話だっつーの!と心の中で叫びたくなりますね。

よっしーが昔ビックリしたお局様からのお説教は「私の友達は妊娠中にもうひとり赤ちゃんが出来て、3か月差で子供を2人産んだ、だからあんたも気を付けなさいよ!」というものでした( ゚Д゚)…

 

 

まぁそういう人が周囲にいると少々面倒くさいですけど、わざわざお節介な人を刺激するようなことさえしなければいいんじゃないでしょうか?

そして、基本的には自分のしたいようにすればいいと思いますよ。面倒を避けるために「実はわたし糖尿病予備軍で~」「親が糖尿病なので気を付けてるんです~」ぐらい言ってしまってもいいと思います。

中には、病気とか、生まれ持った特性が原因で他人をやたら攻撃しなければ気が済まない方たちもいます。または、何か強いストレスを抱えていらっしゃるのかもしれません、その方たちも苦しいんです。

だから、誰かが何を言っていても、自分がこれでいいと思えばさらりとかわして相手にしないことが大事ですね♪