糖質制限ダイエット、痩せたら終了ですか?

短期決戦型ダイエットはリバウンドしやすい

ダイエットと言えば、とにかく好きなものを全部ガマンしてひたすら頑張って「目標達成したら好きなものを食べてやる~、とにかく今は根性!ガマン!欲しがりません勝つまでは!!」みたいなイメージがあったりします。

しかし、それ、リバウンドまっしぐらだと思いませんか?

確かに、ものすごくストイックに頑張れば、短期間で目を見張るような効果が出るかもしれません。しかし、その反動でやめてしまっては、あっという間にリバウンドです。

糖質制限ダイエットも、やめて糖質をたくさん食べる生活に戻ればまた太ります。筋力トレーニングで筋肉をモリモリつけても、完全にやめてしまえばいずれ筋肉はまた元に戻ります。カロリー制限ダイエットも、やめて食事量を元に戻せばリバウンドします。

どんなダイエットでも、太っていた頃の生活に戻せばリバウンドするのは当然ですよね。
太ってしまった原因がそこにあるんですから。

やめても絶対にリバウンドしないダイエット方法って、ないですよね?

なごみ
リバウンドするって言われると心細くなるんですよね…

よっしー
むしろ糖質制限はリバウンドしにくいダイエット方法だと個人的には思うわ。

リバウンドしやすいダイエットの特徴は?

基本的にどんなダイエットも、目標を達成できたからといって完全にやめてしまえばリバウンドする可能性が高いです。それまでの悪い習慣を再開しちゃうんですからね。

でも、特にリバウンドしやすいダイエットというものはあるのでしょうか?

「筋肉量が減少するダイエット」「辛すぎてなかなか継続できないダイエット」がこれに該当します。

体脂肪が減っても、筋肉も一緒に減るようなダイエットでは体重の割に体脂肪率は高いままだったりしますし、リバウンドして太ると前より体脂肪率が高くなってしまいます。

筋肉量が減りやすいのは、タンパク質の摂取量が足りなかったり、摂取カロリーが少なすぎたり、食事制限だけでまったく運動を行わない場合です。

筋肉の材料が足りないとどうしても筋肉は減りやすくなりますし、あまりにも運動しなければ日常生活で受ける刺激に見合った量の筋肉しか維持できないでしょう。糖質制限ダイエットをしている方も、出来る範囲で運動するといいですね。

また、あまりにも辛すぎるダイエットは中止した時の反動がものすごいです。ネズミのエサみたいにほんのちょっぴりしか食べなくて痩せたとしても、何かの拍子にキレて食べてしまったらあっという間に元通り…なんてことも!

糖質制限することによる健康効果は?

ダイエット目的で糖質制限していた方は、目標体重を達成したらもうやめようかなと思うかもしれません。しかし糖質制限の効果はダイエットだけじゃないんですよね…むしろダイエット効果はオマケかもしれません。

糖尿病の予防と改善…特に大食いではなくても、普通程度の糖質摂取で糖尿病を発症する日本人は少なくありません。もともとインスリンを分泌する能力が弱い体質だと若いうちに発症してしまいます。

インスリンを分泌する能力が生まれつき低いのなら、あまりインスリンを分泌しなくて済む糖質制限食にすれば問題はありません。すでに糖尿病と診断されていても、薬やインスリン注射をやめることが出来た方がたくさんいらっしゃいます。

花粉症などのアレルギー疾患の改善…きっちり糖質制限をして血中ケトン体が増えると、腸内環境が改善してアレルギー反応が起こりにくくなります。

花粉症、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などが糖質制限によって改善した例は多くあります。現代では多くの方が悩む病気だから、試してみたいですよね。

ガンの予防…ガン細胞はブドウ糖が大好きです。その性質を利用したのがPET検査です。糖質制限をしても血糖値はゼロには出来ませんが、欲しがるままに大量のブドウ糖というエサを与えるわけにはいきませんよね。

糖質制限をしてビタミンCをたっぷり摂取していると、ガン細胞はブドウ糖とよく似た構造のビタミンCを間違えて食べてしまい、その結果死んでしまいます。

子どもが賢く穏やかになる…三島塾では塾生さんたちが成績UPのために糖質制限をなさっています。みんな勉強に集中できて、最初は問題行動があったお子さんたちもすっかり落ち着いたそうですよ。

確かに、すぐキレて暴れる子はみんな糖質が大好きだと周囲の子たちを見て思います。子どもだけではなく大人もそうですもんね。食事って大事だと思います。

虫歯や歯周病の予防…日常的に糖質を摂取していると虫歯や歯周病になりやすいです。ドングリなどの糖質を含む木の実をある程度食べるようになった縄文人でさえ、それ以前の人類と比較してかなり虫歯が増えたそうですよ。

まして現代人は…歯周病は国民病ともいわれますし、最終的には歯を失うことになる恐ろしい病気です。歯周病と糖尿病は相互に悪影響を与えあう病気なのでなんとかしなければいけません。

肌がきれいになる…パンをトーストするとこんがり美味しそうな茶色に焼けますが、こレと同じような反応が体内でも起こります。

残念なことに、肌でこれが起こるとシミ・しわ・たるみなどの原因に…若い頃は大丈夫かもしれませんが、中年以降で糖質ばかり食べている方たちの肌は美しいですか?

また、糖質の摂りすぎはニキビの原因にもなります。もしお子さんがニキビで悩んでいたら、糖質を摂りすぎていないか気を付けて見てくださいね。

認知症の予防…糖質の過剰摂取が長年続くことで、認知症のリスクが上がることが分かってきています。そして認知症になると、血液中にブドウ糖がたくさんあっても脳がうまくその糖をエネルギーとして使えなくなるので、ますます認知症が悪化していきます。

糖質を控えて血中ケトン体を増やすことで認知症の予防と改善にも効果が期待できるそうですよ。ブドウ糖をうまくエネルギーとして使えなくなった脳も、ケトン体なら使えるそうです♪

ゆるーく継続していくといい

糖尿病などの病気があって糖質制限ダイエットを行っている方の場合は、食事療法は一生ものなので継続しやすいと思います。

しかしダイエット目的の場合は、「目標体重になったらやめればいいのかな?」と悩むでしょう。

糖質制限の効果はダイエットだけではないので、目標体重になったら、ある程度制限を緩めて(個人差あり)、体重をキープしていけばいいと思いますよ。そうすれば2度と太らないし、糖尿病とも無縁でいられることでしょう。

なごみ
糖質制限はダイエットだけじゃないんですね、ゆるく継続していこうと思います。

よっしー
そうよ、本来は健康でいるための食事だものね♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.