糖質制限ダイエットでなぜ痩せるのか

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


肥満をもたらすホルモン・インスリン

今や「糖質制限ダイエット」というものを1度も聞いたことがない人はいないでしょう。しかし正しく理解している人は、それほど多くないのではないでしょうか。

まず、糖質制限ダイエットとはどんなもので、なぜ痩せるのかを説明していきたいと思います。

糖質を食べると血液中に糖がいっぱいになりますが、血糖値は高すぎても低すぎても体に良くないので、常に血糖値は狭い範囲で一定に保たれています。

このため、食事で上がった血糖値を下げるために「インスリン」というホルモンが分泌されます。

このインスリンは血糖値を下げるだけではなく、食べたものを脂肪として蓄えやすくしてしまいます

また糖質は体内である程度作り出すことができるうえ、脳はブドウ糖だけではなく「ケトン体」という物質をエネルギーとして利用することができます。

そのため、糖質をあえて摂取しなくても、一部の病気の方を除けば血糖値が下がりすぎることはありません

必須糖質というものは存在しない

たんぱく質や脂質は体内で作り出せない種類のものがあるため、毎日の食事から必ず摂取しないといけません。しかし糖質はそうではないのです。
余ればただ体脂肪になるだけです。

そこで、「肥満をもたらすホルモン・インスリンをなるべくムダに分泌させないこと」「余ればただ体脂肪になるだけの糖質をなるべく控えよう」というのが糖質制限ダイエットなのです。

間違った方法で行うのは危険

そうすると、今までの食事からただ主食や果物を抜こうとする人もいるかもしれません。

しかしそれではエネルギーが不足してしまいます。

糖質制限ダイエットは、糖質の代わりに脂質をメインのエネルギー源にすると考えて、適度に摂取しないといけません。

またたんぱく質も、通常よりも多めに摂取する必要があります。
体内で糖が作られる時、その材料として消費されるからです。

糖質以外は好きなだけ食べていいわけではない

インスリンが分泌されないからといって、糖質を含まない食事ならいくらでも無限に食べていいわけではありません。

太るのはインスリンだけが理由ではないので、いくら糖質制限な食事でも食べすぎればやはり太ります

これについてはまた少しづつ解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.