糖質制限ダイエットの恐ろしい「落とし穴」

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


江部康二先生のきちんとした記事だった!

ネット検索していると『糖質制限ダイエットの恐ろしい「落とし穴」』という見出しが目に入ったので、『なんだ~、また美容ライターの糖質制限ダイエットdisり記事か』と思ったら、江部康二先生の真面目な記事でした(;^_^A

糖質制限ダイエットの恐ろしい「落とし穴」 | 健康
私が日本で初めて「糖質制限食」を紹介した本を2005年に出版してから、はや12年がたちます。当時は「異端の食事療法」でしかなかった糖質制限も、年々大きな広がりを見...

なんでも、ありがちな落とし穴として、糖質だけではなくカロリーも制限しすぎてしまった結果

「糖質制限は頭がふらふらする」「糖質制限はやせすぎる」「糖質制限は低血糖になる」

だから糖質制限ダイエットは体に悪いのだ!と思い込んでしまう方が非常に多いそうです。

…実はよっしーも、中学3年生の時にそれをやらかした経験があります。だからこそ糖尿病と診断されるまでずっと「ご飯は食べなければいけない」「主食を抜くと健康に良くない」と信じていたわけですけどね。

今回は、JCよっしーの愚かな「間違った糖質制限ダイエット」の経験談です。

痩せたくて主食をただ減らした…

中学生、高校生ぐらいの女の子は、どうしてもダイエットのことが気になると思います。よっしーも例外ではなく、「5kg痩せたいなぁ」なんて思っていました。

当時はまだ「糖質制限ダイエット」などという言葉は日本ではほとんど知られていなかったと思います。

中学3年生だったよっしーは「カロリーを減らせば痩せるだろう」と思いつきました。そしてまず、学校の給食で出されるパンやご飯などの主食を半分残し始めました。

すると、体重が減ってきたのです!嬉しくて、自宅でも主食を減らすようになりました。

そうしたら、確かに体重は減るのですけど、なんだかフラフラして体調がよくありません。結局、やめてしまい、体重はやがてリバウンドして元に戻ってしまいました。

「ああ、主食を抜いたから体調が悪くなったんだ…」と当時は思いましたね。今思うと、成長期の子供が単に主食を抜くだけでおかずを増やさなかったので、カロリー不足で体調不良になったのだと分かるんですけどね。

明らかに知識不足から起こったことです。

JKよっしーが次に行ったダイエットは?

さて、そんなよっしーも高校生になり、毎晩遅くまで勉強に追われる毎日。ゆっくり運動する時間などありませんでした。高校2年生の時、再びダイエットを試みました。

今度はどんな方法かというと「グローバルダイエット」でした。

当時ダイエット食品と言えば、雑誌によく広告が載っていた「グローバルダイエット」。1日1~2食を大豆とココアベースの飲み物に置き換えて、残り1~2食は普通に食べていいというものです。

よっしーは1日2食を置き換えて、普通食は1日1食だけ。今思うと、まだ子供だったのに無理をしたものです。

努力のかいあって2か月で7kgも痩せて別人みたいになりましたが、3年生になり受験勉強が忙しくなると、夜食にカップラーメンを食べてあっという間にリバウンド、高校卒業時にはダイエット前よりもデブになっていました(泣)

あまりにもキツすぎるダイエットは、その後の反動もものすごいのだなと思いますよ。

ちなみにグローバルダイエットはかなり気に入っていたので、糖尿病発覚までたまに痩せたいときに利用していました。続けるのは大変ですが、しっかり実行すれば確実に痩せたので…

正しく糖質制限ダイエットを行うのは難しいかもしれない

若い頃のよっしーのように、女性と言うのは痩せたいと思うとムリをしてしまいがちです。

江部康二先生が危惧していらっしゃるように、早く痩せたいばかりに「間違った糖質制限ダイエット」をして体調を崩してしまう人も、きっと多いのでしょう。

多くの方が「脂肪=悪」「果物=ヘルシー」だと思っていらっしゃると思います。

しかし、ある種類の脂肪は体内で合成できないのでどうしても食事からきちんと摂取しなければいけませんし、果物に多く含まれる果糖にはインスリン抵抗性を促進したり、体内で中性脂肪に変わりやすかったり、ブドウ糖の10倍のスピードでAGEsを生み出すというマイナス面もあります。

世の中にあふれる健康情報・美容情報を取捨選択し、自分の中できちんと消化して「正しい糖質制限ダイエット」を行うのは、想像以上に難しいことなのかもしれません。

どうか、いろいろな情報を鵜呑みにしないで、自分の頭できちんと考えて判断するようにしてくださいね。

そして、聞きかじりではなく、実行するならきちんと勉強してから正しく行うようにしましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.