糖質制限ダイエットの説得力

ネガティブな意見には何の力もない

糖質制限ダイエットが流行れば流行るほど、ネガティブキャンペーンも活発になりますね。誰かから何か言われて迷っちゃう…という方は、「糖質制限にまつわる都市伝説」カテゴリの過去記事をご覧ください。

よっしーは自分の体で糖質制限ダイエットの効果を確認しているので、誰が何を言っていても別に何とも思わないです。

パンパンに太ったお医者さんが「糖質制限ダイエットは大して痩せない」と言っても「うーん、申し訳ないけど、あなたに言われてもね…」と思いますし、自分よりも筋肉が少なそうな女性から「糖質制限ダイエットすると筋肉が落ちるんじゃないの?」と言われたら「そんなことないよ、私はむしろ増えてるから」と返せます。

「糖質制限ダイエットすると〇〇になる」と言う人がいても、自分が実際に〇〇になるわけじゃないのだから、別にいいんじゃないですかね。言いたい人には言わせておけば。

黙って結果を見せることが強い

よっしーの夫(病気ではありませんが、糖質制限ダイエットに成功)は、見栄えがいいので黙っていても「どうやったら腹が引っ込むの?」「筋肉つけて脂肪だけ落とす方法を教えてくれよ」など、男女問わず同僚の方たちからよく質問されるみたいです。

「俺は正しい!俺の意見を聞け!!」と毎日言いまくる人よりも、説得力のある体型と良好な健康診断の結果を持つ人のほうが周囲の人たちの関心を引くのでしょう。

「糖質制限ダイエットは痩せないし、髪が抜けますよ」と言って糖質をしっかり摂取しているお医者さんがもし太っていてハゲていたら、説得力がまるでないですよね…

髪の毛に関して、よっしーは特に何も感じたことはありませんけど、糖質制限ダイエットを始めた直後に抜け毛が増えたという方はカルピンチョ先生の記事「糖質制限して痩せてから抜け毛がひどくなってますか?」をお読みください。

よっしーの主治医(糖尿病専門医)は最初こそ「糖質制限って長期的にはまだエビデンスがないからねぇ…」なんておっしゃっていましたけど、私を経過観察した上で自分もちょっとやってみたり(もともとそれほど太ってなかったのに10kg痩せたんだそう!)、今では糖質制限ダイエットの効果を認めてくださっているみたいです♪

迷ったら相手をよく観察してみる

もしあなたが糖質制限ダイエットを否定する人と出会ったら、相手の健康状態や体型、肌、髪、生活状況などをよく観察してみてください。

その結果「この人の言うことは説得力がないな」と思ったら、黙って聞き流せばいいんです。何にも関係はありません。

どうみても固太りなのに「自分のは 全 部 筋 肉 だから」と主張する男性もいましたが、面倒くさいので「おー、すごいですね♪」で終了です。余計なエネルギーを使うのは疲れます(;´・ω・)

相手がとても健康でナイスバディだったとしても、それはあくまでも相手がそうであるというだけ。体質が異なるのに、相手と同じことをして同じようにうまくいくとは限りませんよね。

体質が異なるのだから、相手が糖質制限ダイエットが合わない体質(生まれつき脂肪酸の代謝がうまくいかない病気、肝硬変など)で失敗したのだとしても、あなたの場合はすんなりと成功することだってあるわけです。

自分の頭できちんと考えたうえで「自分には糖質制限ダイエットが合っている」と結論を出したのであれば、無責任なことを言う人たちに惑わされることなく、自分のやり方でこれからも続けていきましょう。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.