糖質制限ダイエットの食事は1日何食がいいか

色々な人の主張

糖質制限ダイエット中は、1日の食事は何回にするのが効果的でしょうか?

これに関しては、色々な専門家が色々なことを主張しています。

そして「我こそが正しいのだ!」という人も多いですが、色々やってみて自分に合う合法、続けやすい方法でいいのではないかと思います。

なぜなら、それぞれ体質・嗜好・ライフスタイル・目的があるからです。

よっしーは1日1食も試しましたが、現在は1日5~6食にしています。
たんぱく質を少しづつ数時間おきに食べると、筋肉が付きやすく体脂肪はたまりにくいと実感しているからです。

これは糖質制限ダイエットをしている人だけではなく、筋肉づくりを本格的に行っている人たちの間ではほぼ常識だと思います。

たんぱく質もインスリンを分泌させるが…

糖質が血糖値を上げ、インスリンを分泌させるのはもう常識です。
しかし最近、ある種のたんぱく質もインスリンを分泌させるのではないかと話題になっているようですね。

体に必要な分の糖はあえて経口摂取しなくても体内で糖新生により得ることができますが、必須アミノ酸はそうはいかないので、たとえインスリンを分泌させるのだとしても食べないわけにはいきません。

筋肉をつけたい場合は特にそうでしょう?

その場合、1日に必要な量のたんぱく質を夕食でまとめてドカ食いするよりは、1日数回に分けて食べるほうが1度に分泌されるインスリンの量は少なくて済みますね。血中アミノ酸濃度も安定します。

ただ仕事の関係でどうしても日中は食事をすることが難しい人もいますし、1日に何度も食べると胃の調子がおかしくなる人もいるかもしれません。

1日1食ぐらいは好きなだけ食べて満足したいという人も多いでしょう。

よっしーは1日5~6食ですが、1度に食べる量は少ないので、人によってはとても満足できないと思います。

ちなみに、筋トレ時に飲むプロテインも、1食に含めます。

最後は自分で考えて決める

だから結論は、その人のやりやすいようにしたらいいということです。実際に試してみて「あ、これがいいな」と感じた方法が一番いいと思います。

どうしても判断できなければ、「1日〇食にするべきだ」と主張している専門家の人たちの肌や髪のツヤ、体型などを見て判断するといいです。
やっぱり、説得力というものはありますからね。

そして、いったんやり始めても、「やっぱりこの方法は合わないかもしれない」と思ったらいつでも修正すればいいんです。

食事方法は、試行錯誤の連続です。どんどん、より良い方法に変えていけばいいと思いますよ♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.