糖質制限ダイエットは塩分の摂りすぎ?

糖質制限ダイエットは本当に塩分過多?


今朝、管理栄養士の方が書いた「糖質制限ダイエットは塩分の摂りすぎが心配」という記事を見つけました。

中身を読んでみると、糖質制限ダイエットをしている人の塩分摂取量がそうでない人と比べて多くなっているというデータがあるわけではなく、あくまでも「おかずばかり食べるから塩分を摂りすぎているのではないかと心配です」レベルの内容でしたが…

 

 

確かに、日本人は平均的に塩分を摂りすぎている傾向がありますよね。

ご飯の友と言われる梅干しや佃煮、ふりかけなど…どれも塩分が多い物です。
みそ汁も毎食飲めばかなりの塩分になります。

「ご飯が進む」と言われているおかずは、甘辛い味付けで塩分と糖質の摂りすぎにつながります。

 

塩分の摂りすぎは確かに体に良くない


塩分の摂りすぎは、高血圧や腎臓疾患、場合によっては不整脈や心疾患の原因にもなります。確かに良いことではありません。

しかし、糖質制限ダイエットを実際に経験している人ならお分かりだと思いますが、おかずばかり食べていても意外に塩分は摂取していない…というか、ご飯と一緒に食べないので、あまり濃い味付けのおかずは食べられないので薄味になるんですよ。

 

 

以前から持っていたレシピ本通りの味付けでおかずを作ると、すごく塩分が濃く感じるので、かなり薄めの味付けで作るようになりました。よっしーだけではなく、夫も同じですね。

糖尿病と診断されたときは血圧が高めで、いつでも130/80ぐらいありましたが、現在では100/65ぐらいです。起床後、毎朝測って記録しています。

 

ミネラル豊富な「ぬちまーす」


健康にいいと知って、昨年からミネラルがとても豊富な沖縄の塩「ぬちまーす 」を愛用しています。マグネシウム、カリウム、カルシウムが多くて、普通の食塩と比べると塩分が25%少ないです。

もう普通の塩は使えないです♪

 

 

「糖質制限ダイエットはおかずばかり食べるから塩分の摂りすぎになりそう」と思うのは、実際に糖質制限ダイエットをしたことがない方の思い込みにすぎません。

実際は、大盛りのご飯といっしょにおかずを山ほど食べて、お酒を飲んだ後に〆のラーメン…なんていう食生活の人たちがもっとも塩分(と糖分)を摂りすぎていると思いますよ。




にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス