糖質制限ダイエットは脳に悪影響が出る?

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


脳はブドウ糖しか使えない!?


糖質制限ダイエットが危険だと思っている方の話を聞くと「ブドウ糖は、脳の大事なエネルギー源だ。ケトン体も脳は一応使えるらしいけど、やっぱりブドウ糖のほうがいいに決まってる!」だそうです。

さすがに、50年も昔のように「脳はブドウ糖しか使えない!」と思っている方はもうほとんどいらっしゃいませんが…

実際のところ、どうなんでしょうね?
どちらかというと、のべつまくなしに甘いものをモグモグ食べている人に賢そうな人はあまりいない気がしますが…(汗)

糖質制限ダイエットをこれから始めようという方も多いと思うので、ここを明確にしておかねばなりませんね。

確かに脳にとってブドウ糖は重要なエネルギー源


脳がエネルギー源としてブドウ糖を多く利用しているのは事実です。
そして、血液中のブドウ糖が脳に供給されています。

ちょっと考えてみてください。
健康体であれば、ストイックな糖質制限ダイエットをしても低血糖にはなりませんよね?
血糖値が正常値だということは、脳にも必要な量のブドウ糖はちゃーんと供給されているということですよ。

つまり、低血糖にならない以上、糖質制限ダイエットをしたからといって脳に必要なブドウ糖が不足するという事態も起こりようがないんですね。

そして脳に必要な血糖は、普通程度にあれば十分です。
たくさんあればあるほど、より脳が活発に働くわけではありませんよね。
もしそんな理屈が成り立つのであれば、重症の糖尿病で異常に血糖値が高い人はみんなものすごーく頭がいいはずですから…

万が一の時のための大事なエネルギー源


しかも、糖質制限ダイエットを普段から行っている人の場合、脂肪などからケトン体というエネルギー源を生み出すことにも、脳がケトン体をエネルギーとして利用することにも慣れています。
食事の内容に関係なく、夜間など絶食状態が長く続くときは誰の体内でもケトン体が作られてエネルギーとして利用されています

遭難して食べ物が何日も手に入らない時などは、いくら体内で脂質・乳酸・アミノ酸から糖新生が行われるといってもそれだけでは不足することがあります。

そんな緊急時に、脳はケトン体をエネルギーとして生き延びることができるんですよ。
迷子になり1週間も水だけで無事に生き延びた男の子が話題になりましたが、そういうことなんですね。

それに比べて、普段から1日中糖質たっぷりの食事やおやつや寝る直前にまで夜食を好きなだけ食べるような生活を送っている人だと、必要がないので糖新生の能力が低下していることがあるそうです。

そのような人が遭難など、突然何も食べ物を摂取できない状態に置かれた場合、脳がうまくケトン体を利用できないし糖新生もうまくいかないので、早いうちに低血糖に陥って危険な状態になるそうですよ。

安心してください、何も起こりません♪


糖質制限ダイエットを正しく行っていれば、低血糖にならないので脳へはまったくダメージはありません。その上、万が一の時には予備のエネルギーとしてケトン体を利用することにも慣れているわけです。

どうか安心して、糖質制限ダイエットを続けてくださいね♪

ただし、心身ともに健康な人がお酒を1日以上飲まなくても何も起こりませんが、アルコール中毒者がお酒をやめると数時間後には手や全身の震え、発汗、不眠、吐き気、嘔吐、血圧上昇、不整脈、イライラ、集中力低下、幻覚、幻聴などが現れるのと同じで…

糖質依存症の方の場合、本当に体調が悪化することがあるそうです。

このような方は急に糖質の摂取量を減らすことはしないで、できれば医師の手を借りながら少しづつ摂取量を減らしていくようにしましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.