糖質制限ダイエットは腎臓に良くない?

高タンパク食で大丈夫?


糖質制限ダイエットでは、しっかりとタンパク質を摂取します。
このため「腎臓に良くないのではないか」と何となく不安を感じる人もいらっしゃると思います。

ご安心ください。
すでに糖尿病腎症やその他の腎臓の病気で腎機能がある程度低下している場合は別ですが、健康体であれば、高タンパク質食によって腎臓が悪くなることはないそうですよ。

たんぱく質の耐容上限量は、たんぱく質の過剰摂取により生じる健康障害を根拠に設定されなければならない。 しかし現時点では、たんぱく質の耐容上限量を設定し得る明確な根拠となる報告は十分には見当たらない。 そこで、耐容上限量は設定しないこととした。”
(「日本人の食事摂取基準」2015年厚生労働省)

ボディビルダーはもっと摂取している


糖質制限ダイエットをしていない人でも、たとえばボディビルダーはタンパク質をかなり摂取しています。体重80kgの人なら160g以上、中には240gぐらい摂取している人もいます。
体重(kg)×2gのたんぱく質摂取は、体づくりをしている人の間では常識となっています。

それでも、多くの方は腎臓を悪くしていないと思いますよ。
それから、糖尿病の方が合併症で腎症になるのは、高血糖により、腎臓の糸球体の細い血管が詰まるためです。

不安のある方は医師に相談を


よっしーは、何年も前からたんぱく質は1日120gぐらい摂取していますが、とても調子がいいです。健康診断でも引っかかったことはありません。

すでに腎臓の病気があって腎機能が低下してしまった方は、医師に相談のうえ慎重にお願いします。しかし健康であれば、常識的な量の範囲でのたんぱく質摂取を過剰に心配する必要はなさそうですね。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.