糖質制限ダイエットを無理に勧めてはいけません

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


つい他人に教えたくなる…


糖質制限ダイエットで難なく痩せることに成功すると、つい他の人にもこの方法を勧めたくなりますよね。ついでに中性脂肪が下がったとか、血糖値が下がったとか、体重以外にも効果が出た人ならなおさらだと思います。

でも、あまり言わないほうがいい場合もあるんです。

あなたが糖質制限ダイエットのことを教えてあげたい相手が、痩せたいけど糖質制限ダイエットについてほとんど知らないと思われる場合は、どうぞ教えてあげてください。

でも「知ってるけど、絶~ッ~対~に私は~やらな~い!!」
こんな場合は、何もいいことはないので悪いことは言いませんから勧めるのはやめておきましょう。

押し付けはイヤだ…


糖質を「タバコ」に置き換えて考えてみてください。
あなたの周囲でヘビースモーカーな人を見ると心配になると思いますが、彼らはタバコが体に良いと思って吸っているわけではないと思います、おそらく。

たとえ体に悪い(らしい)と知っていても、好きで好きで仕方がないものは止められないんです。

医学的に正しいことであろうとなかろうと、自分が愛してやまないものにケチをつけられるような気持ちになるのは、誰だってイヤでしょう。

それに、糖尿病の方以外は、糖質の多いものを食べてもその場で何か影響が出るわけではありません。「ただちに影響はない」というやつですね。
それで糖質の影響がどーのこーの言われたって、そんな目に見えないモノ、わかんないよ!
ほとんどの人はそうでしょう。

また、宗教上の理由などで肉類を食べてはいけない人たちもいらっしゃいます。
糖質制限ダイエットでは卵やチーズや豆も食べますから、完全な菜食主義の方以外はできないことはないと思うのですが…

やはりそのような信条は、お互いに尊重すべきものですよね。
他人に押し付けるのがいけないのであって。

興味を示してきたら教える


そういうわけで、糖質制限ダイエットの良さを他人に熱く語りたくなるのをグッとこらえて、「相手のほうから興味を示してきた場合のみ語る」ぐらいでいかがでしょうか?

自分からやる気になった人でなければ、どうせ何を教えても続きません。
もっとも相手がただの同僚や友達ではなく、大事な家族だったらそんな呑気なことは言っていられませんけどね。

糖質を食べる人も食べない人も、当たり前のこととして共存できる社会になるといいですね。
もう、そんな時代はすぐそこまで来ている気がしますよ。

都会では、特に。
いろいろな価値観が共存することは、良いことですね。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.