糖質制限ダイエットを理解してほしい時は?

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


わかってもらいたい人がいる…


基本的に、糖質制限ダイエットは、やりたい人だけがやればいいと思ってます。
すべての人がやり出すと、間違いなく肉が足りなくなりますしね…

まぁそれはさておき。

あなたの周囲に、どうしても糖質制限ダイエットを理解してもらいたい人がいる場合は、どうしたらいいでしょう?

先ほど、ある方から「糖質制限ダイエットを始めたよ」というメールをいただきました。
春ごろに機会があり、糖質制限の本を1冊差し上げたんです。

たぶんしばらくは、いろいろ情報を集めていらっしゃったのでしょう。
それで「どうやらこれは良さそうだ」ということになり、始めてみたようです。

とても賢い方なので、じっくり調べてから始めようと思われたのだと思います。
よっしーの場合は、まず試してみたいと思う性格です(*´艸`*)

自分に都合のいい情報を欲しがる


ネットやテレビ、書店など、いろいろな情報があふれています。
その中には、糖質制限ダイエットに対して肯定的な情報もあれば、そうでない情報もあります。

ヒトは知ってか知らずか、自分が信じたいと思うほうの情報を集めたがるものです。

だから、糖質制限をしたいと思っている人は成功例を探しますし、糖質制限を良く思わない人は失敗例だけを探そうとします。

そういうわけで、もともとその人が糖質制限ダイエットに対してどんな感情を持っているか?が重要なのですね。

どんなに分かってほしいと思っても、絶対にわかろうとしない人もいますので、説得しようと思ってはいけません。何より、自分のエネルギーの無駄遣いですからね。

糖質制限したくてもできない方たちもいる


それと、糖質制限ダイエットで糖尿病のコントロールがうまく行っている方たちは特に「なんであの人は糖質制限しないんだろう」と思って教えてあげたくなることもあるかもしれません。

でも、中には、すでに糖尿病腎症などの合併症が進行していて、糖質制限をしたくても医師から禁止されている方もいらっしゃるんです。生まれつきの病気で、高脂肪食が合わない人もいます。

だから、相手のほうから質問してこない限り、勧めないほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.