糖質制限ダイエットを続けていられる理由

糖質制限ダイエットを継続するのは大変だ!?


よっしーが糖尿病になった時、自分も糖尿病(軽度?)というお医者さんから「糖質制限ダイエットは効果があると思うけど、続けて行くのは辛いかもよ」と言われました。

確かに、ほとんどの方は、糖質制限ダイエットが効果的であることは知りながらも、継続できないようですね…

ダイエットサプリやダイエットハウツー本のキャッチコピーにも「糖質制限しなくてもヤセられる!」なんて使われていたりしますね。

 

 

 

糖尿病患者だから…


よっしーが糖質でいっぱいのこの世の中で糖質制限ダイエットを続けていける一番の理由は、糖尿病だからでしょうね。

単にダイエット目的だったら「まぁ今日は食べちゃってもいっか♪また明日から頑張ればいいんだし~♪」と言っていたでしょうね、きっと。

そして明日も明後日もやっぱり食べちゃっていたかもしれませんね。

 

 

でも糖尿病患者には「今日ぐらいいいか」は存在しないんですよね、残念ながら。
ある2型糖尿病の方はおにぎり2個で血糖値が400を超えたそうです…

よっしーの主治医は「たまに糖質食べて血糖値が高くなっても死にはしないよ」と悪魔のささやき(笑)をくれたことがありましたが、とてもそんな怖いことはできません。

せっかく自己血糖測定器を購入したのに、ヤバいものを食べた後は怖いから測らない、という方もたまにいらっしゃる。血糖値を見なければ、無かったことに…はならないんですよ(心配…)

 

他にもっと好きなものがあれば継続できる


でも、中には、糖尿病ではないのに何年も前から糖質制限ダイエットを継続している方たちもいらっしゃいますよね。
糖尿病と言われるまで糖質制限ダイエットに踏み切れなかったよっしーから見ると、本当にすごいと思いますよ。

改めて考えてみると、糖尿病でも糖質制限できない方は多いし、糖尿病じゃないのに糖質制限できる方もいらっしゃる。

きっと前者は「糖質を食べることが人生で最大の喜び」なのであり、後者はそうではないのでしょう。

よっしーも、糖質を食べることが人生で最大の喜びとまでは思っていません。
だからこそできたんだろうと思います。

別にどっちでもいいんですよ、これ。
個人の自由ですからね。

 

何のために糖質制限ダイエットしているのか考えてみる


たとえば、あなたが何かの病気で「今日から絶対にタバコを吸ってはいけません」と医師から言われたとします。

あなたがヘビースモーカーならきっと絶望するだろうけど、もともと全く吸わない人なら別に何とも思わないでしょう?

糖質に関しても、その程度のことだと思えばいいんじゃないでしょうかね。
肉も魚もほとんど糖質ゼロですが、美味しいですよ♪

 

 

糖質制限ダイエットを単に「ダイエット方法の一つ」としか思えないと、モチベーションを保てなくなると思います。ただ痩せるだけなら、他にも方法はたくさんあるので…

「なぜ糖質制限ダイエットをしているのか」「糖質制限ダイエットの効果は、痩せることだけなのか?」をたまに思い出してみるといいですね。




にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス