買う前に表示をしっかり見ましょう(涙)

間違えて買っちゃったぁ~!!

久し振りに、やらかしてしまいました…

ローソンでイヌリン使用の糖質オフなチョコレート(下の画像の向かって右側)を買うつもりが、間違えて左側の普通のチョコを買ってしまいました(;´・ω・)

画像はローソン様のサイトからお借りしました。

糖質量は、左のが1袋あたり24.05gで右のが4.9g。全然違いますよね。しょうがないので、間違って購入しちゃったチョコは糖質制限ダイエットをしていない友達にでもあげることにします。

…よっしー、以前にも、薄暗い夕方の自動販売機で「生茶」を買おうとして間違えてサントリーのメロンソーダを買ってしまった経験があります。

いくら急いでいても、ちゃんと確認してから慎重に買わないといけませんね、本当に

(´・ω・`)

似てる…??似てないか…orz

ノンシュガー・糖類ゼロは糖質ゼロではない

たまに「砂糖不使用」「ノンシュガー」「糖類ゼロ」などと書いてある商品があります。コンビニの飲料などにも多いです。

実はこれらは「糖質ゼロ」じゃないんですよね…下の表はヤセコレ!様のサイトからお借りしました。

砂糖は、ブドウ糖と果糖が合わさった「二糖類」です。ブドウ糖や果糖は単糖類です。

「砂糖不使用」「ノンシュガー」はほぼ砂糖を使っていない(食品100gまたは飲料100ccあたり0.5g未満)という意味、「糖類ゼロ」とは、単糖類と二糖類を使用していないという意味です。

しかしこれでは、「糖類ではない糖質」が含まれているかどうか分かりませんよね。

ごはんやイモに含まれるデンプンは、多糖類です。いわゆる「糖類ではない糖質」なわけです。

だからいくら「ノンシュガー」「砂糖不使用」「糖類ゼロ」などと書いてあっても、じつはデンプンがたっぷり含まれていて、まったく糖質制限ダイエットには無意味…ということもあるんですよね…

言うまでもなく、デンプンもしっかりと血糖値を上げますから。

「糖質オフ」は本当に糖質制限OK食品とは限らない

また「糖質オフ」「糖質控えめ」「甘さ控えめ」などと表示されている商品が、本当に糖質制限ダイエット的にOKな糖質量とは限りません。

商品名は出しませんけど、よっしーが以前スーパーで見かけた商品は「糖質ひかえめ」と書かれているのにかなりの糖質量で(その食品自体、ものすごく高糖質なものなので仕方がないのかも…)驚いたことがあります。

本当に糖質制限ダイエット向きの食品なのかどうか、自分できちんと確かめてから買わないといけないですね。

ローソンのブランパンシリーズの中にも、かなり糖質が多いものがあります。

買う時は慎重に…

よっしーには中学生の子供がいますが、家庭科の期末テストに「食品表示から読み取れることについて」の問題が出ました。

「賞味期限と消費期限の違いについて説明しなさい」なんて問題も。

一般的には、賞味期限や原材料についてはしっかりチェックする方が多いと思いますけど、糖質量、糖類と糖質の違い、1回に食べる量あたりの糖質はどれぐらいか?なーんてところまで考えてから買う人はまだまだ少ないかもしれませんね。

先日のよっしーのように、「あ、品切れだったチョコ、あった!!」とウカレて慌てて買っちゃうと、ひどく後悔します(泣)

どうかくれぐれも、何かを買う時は慎重にお願いします(;^_^A

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.