栗まんじゅうをたらふく食べる時に気にすることは

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


太る心配だけですか?血糖値は?

録画しておいたアニメ「ドラえもん」を子供と一緒に観ていると、のび太くんが栗まんじゅうをママに食べさせるシーンで「こんなに食べたら太るじゃないの!」というセリフがありました。

あー…やっぱり、普通の人の感覚だと「太るのが心配」ってだけなんですね。「こんなに食べたら血糖値が爆上がりするじゃないの!」と思うのは、糖尿人だけか…ちょっと寂しいです(;´・ω・)

本当に糖尿病ではない人の場合、何をどれだけ食べても血糖値が140~150以上になることはないんだそうです。

尿検査で糖が出てくるのは、血糖値が170以上ぐらいになった時だけです。なので、うんと糖質を食べたあとで時々尿検査をしてみてはいかがでしょうか?

糖尿病のケのない方は、いつ検査しても尿糖が検出されることはないはず。

糖質制限ダイエットの目的は痩せることだけじゃありません

このブログはダイエットに関するブログなので「いいじゃないか、痩せさえすれば何でも」と思われる方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

でも、糖質制限ダイエットの健康への効果は「痩せること」だけじゃないんですよね。

というか、むしろ「太りすぎている人は結果的に痩せることが多い」だけであって、本当の効果は別のところにあると言ったほうが適切かもしれません。

日本人は、欧米人などと比べると痩せている人がずっと多いにも関わらず、高い確率で糖尿病などを発症してしまいますよね。

太っている方が痩せることである種の病気のリスクを下げることはできますが「痩せていれば万事OK」というわけではないということです。

糖尿病の他、高脂血症や動脈硬化などは痩せていてもなりますしね。

何のためにダイエットしたいのかを考えましょう

ダイエットしたいと思っている方は、そもそも何のためにダイエットしたいのかを考えてみてください。

おしゃれするため?それとも、健康診断で数値がちょっと気になりましたか?

どんな食事療法にも合う合わないがありますが、よっしーの場合は、糖質制限ダイエットで血糖値も中性脂肪もLDLコレステロール値も下がりました。逆に、少なすぎたHDLコレステロールはゆっくりと増えてきました。

どうか、健康を損なわないようにダイエットを行ってください。

できれば、定期的に血液検査(持病のない方は献血をするといいです)を受けて、健康チェックをして効果を確認しながら安全に行っていきましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.