あなたが運動する目的は何ですか?ダイエットのため、それとも健康のため?

過度の運動は健康にはかえって有害!?

みなさんは運動は好きですか?「食事制限だけのダイエットは不健康なので、運動を取り入れるべき」とよく言われますよね。

それは確かにその通りで、毎日デスクワークでまったく体を動かさない方は肥満や糖尿病などのリスクが高くなります。

では逆に、毎日がっつり運動していれば太らないし健康にも良いのでしょうか?残念ながら、運動は「やりすぎ」も健康には良くないらしいのです。

イギリスの医学雑誌に発表された研究によれば、毎日運動する人は週2~3回しか運動しない人と比べて脳卒中や心臓発作で死亡する確率が2倍以上だそうです。

また持久力を高める運動を週5日以上行う50歳以下の男性では、心房細動という不整脈が起こるリスクが74%高まることも分かったそうです。

確かに、激しい運動を行っているアスリートの方たちが比較的若い年齢にも関わらず突然亡くなることってときどきありますよね…

運動不足は良くありませんが、運動のやりすぎも非常に危険なのではないでしょうか?今回はこのことについて考えてみようと思います。

にゃご
オレたちは必要な時以外はムダに体を動かしたりはしないんだぞ。疲れるからなぁ。

よっしー
そうねぇ、ライオンもよく昼寝をしているみたいね。

昔はハードな運動を週5日行っていましたが糖尿病になりました

よっしーは2型糖尿病患者ですが、糖尿病を発症する前は運動が好きで週5日ジムに通ってハードな運動に励んでいました

それもヨガとかストレッチのクラスには目もくれず、高強度の筋トレや格闘技エクササイズ60分のクラスなど、消費カロリーが多くてハードなものばかりやっていました。

ハードな運動を長時間行うためにはエネルギーが必要だからと、糖質を含んだアミノ酸ドリンクを飲んだり、間食として玄米おにぎりと茹でた鶏のササミなどを食べたり。

しかし、肺炎で全治6週間になったり、よく風邪を引いたり、今思うと貧血と思われる症状もありました。そして妊娠したとたんに妊娠糖尿病になってしまいました…

ひたすらキツい運動を行っていれば、確かに太ることはないかもしれません。でもそれは必ずしも健康な状態とは言えないのではないでしょうか。

体脂肪量を減らすことや筋肉量を増やすことばかりに気を取られていた結果が、現在のよっしーなのかもしれません。

現在は糖尿病合併症がすでに出ていることもあり、昔のようなハードな運動はもう行っていません。筋トレは強度を落として、あと日常生活の中でなるべく歩いたり軽ーいジョギング程度です。

この程度の運動量であれば、糖質制限をきっちりしながらでもまったく支障を感じたことはありません。低血糖にもなりません。

アスリートに糖質が必要だとしても、それが健康につながるのかどうか

本格的に運動を行っている方たちの中には「強度の高い運動を行うためには糖質が必要だ、糖質制限は危険だ」と主張する方たちもいらっしゃいます。

よっしーは糖尿病患者であり、大量に糖質を摂取しなければ動けなくなるような強度の高すぎる運動はもう行っていないのでイマイチ実感できません。

ただ仮に糖質を大量に摂取しなければできないような運動があるとしても(重量挙げとか??)、それって健康のために絶対に必要な運動なのでしょうか?

重量挙げの選手などは記録を伸ばすために一生懸命やっているのであって、別に健康に長生きするためにやっているわけじゃないと思うんですけどね。

適度な運動は健康のために役立つと思います、よっしーは糖尿病と診断されて最初の半年ぐらいはまだインスリン注射をしていましたが、軽いジョギングを始めたらすぐに注射の必要量が半分になりました。

ただ…過度の運動は、体内で活性酸素を大量に発生させて免疫力を低下させます。相撲の力士なんて体重のわりに筋肉が多くて意外に体脂肪率は低いそうですけど、平均寿命は56.69歳なんです。

最高時速110キロで走れるチーターでさえ、食べ物は肉です。彼らは糖質を食べなくても何の支障も無いんです。

糖質をたくさん食べないと行えないほどハードな運動が、果たしてヒトの健康維持のために本当に必要なのでしょうか…?

野生動物たちは獲物を追いかけたり、敵から走って逃げたりします。でも、それ以上の運動は行っていません。彼らは糖質を食べないと動けないような重量挙げは行いません。

それでも彼らが糖尿病になることはありませんよね。一方ヒトの場合、痩せていても糖尿病や動脈硬化、脂肪肝などの病気になる人は決して珍しくありません。

健康とは、単にカロリーの問題で太るとか痩せるだけの問題ではないということがお分かりいただけるかと思います。

何のために運動を行っているのか考えてみましょう

あなたが運動を行っている目的は、ダイエットのためでしょうか、それとも健康のためでしょうか?

たとえ体型を維持できたとしても、運動をやりすぎたり、運動するためと称して糖質を過剰に摂取することはかえって健康に悪影響を及ぼす可能性があります

アスリートの方たちはある意味、記録のために健康をも犠牲にしていると言えます…一般人が健康のために真似をするのはどうかなと思いますよ。

1日中座りっぱなしでお菓子を食べたり清涼飲料水を飲んだりする生活がもっとも健康に良くないのは明らかですが、運動のやりすぎもやはり良くありません。

運動不足にならない程度の、糖質制限ダイエットをしながらでもやれるような運動を日常生活に取り入れるのが健康のためには最適なのではないでしょうか。

にゃご
野生動物が行わないような「糖質をたっぷり摂取しないとできないような運動」が本当に健康のために必要なのかどうか考えないとな。

よっしー
そうね、それに運動は良いことばかりではないということも考えないとね。運動不足も運動のやりすぎも良くないってことね。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.