だからダイエットと糖尿病は別なんだってば~!

糖尿病患者の立場から糖質制限ダイエットについて

よっしーは糖尿病患者です。そのため、どちらかというとダイエットよりも血糖コントロールを優先してやってきました。結果的に痩せられたので万々歳といったところです。

血糖値ブログは、すでに糖尿病と診断されている方が多く読んでくださっていると思いますが、こちら(糖質制限ダイエットブログ)はまだ糖尿病ではない読者の方もかなり多いと思います。

注意喚起という意味で、こちらのブログでダイエットと糖尿病についての話をさせていただきたいと思います。

 

 

 

痩せている人は糖尿病にはならない?!

まだまだ、世間では「糖尿病は生活習慣病」「太っていると糖尿病になる」と思われています。

確かに、太っているとインスリンの効きが悪くなり、それを補おうとして大量のインスリンを分泌するようになり、だんだんすい臓のベータ細胞が疲弊していつか2型糖尿病を発症してしまいます(1型糖尿病は自己免疫疾患で、自分のベータ細胞を破壊してしまいます)。

しかし太っていても一生糖尿病にならないまま終わる方も多いですし、痩せていても糖尿病になる方もいます。日本人が初めて2型糖尿病と診断されたとき、標準体重の範囲内の方が半数です。

 

 

私の知る限り、若くて痩せているのに糖尿病になる人と言うのは両親のどちらかが糖尿病です。つまり遺伝的にインスリンの分泌能力が生まれつき低いのです。

体重が100キロ以上とか、ある意味、どんどん太れる人と言うのはインスリンの分泌能力が高いのかもしれません。日本人は、そこまで太る前に糖尿病を発症する方が多いと思います。

生まれつきほとんどお酒を飲めない人がいるように、生まれ持ったインスリン分泌能力はどうしようもありません。

ブログ村の2型糖尿病ランキングを見るだけでも「痩せているのに糖尿病になった」「暴飲暴食してないのになった」「若いのになった」という方はたくさんいらっしゃいます。

 

太っている人は標準体重まで痩せるべき

肥満が糖尿病の原因のひとつであることは間違いありません。だから、肥満の方はとりあえず標準体重まで頑張って痩せてみる価値があります

しかし太っていなくても糖尿病になる方がたくさんいることから「痩せていれば大丈夫とは言えない」というのが現実です。

家族や親戚に糖尿病患者が一人もいなくて、かなり太っていて、暴飲暴食をしまくっているような人はそれをやめるだけで痩せて糖尿病も回避できるでしょう。

そういう人はたとえ不摂生で糖尿病になったとしても「イージーモード」なので簡単に改善できる人たちです。ご飯のお代わりをやめる程度で劇的改善するような方たちですね。

 

 

でも、そうでない場合は、単に痩せること「だけ」を考えていては不十分だと思います。

両親のどちらかや兄弟に糖尿病患者がいる場合は、痩せていても油断は禁物です。ただ痩せるだけなら方法はたくさんありますが、すい臓になるべく余計な負担をかけない食生活と適度な運動が大事です。

糖質制限ダイエット中は必ずしも運動はしなくてもいいという方もいらっしゃいますけど、運動の効果は痩せることだけではないので、やっぱりできる範囲で運動もするべきだとよっしーは思います。

思い
記事が役に立ったらシェアお願いします~!
新規投稿を見逃さないためにフォローしてね♪
もう失敗しない!正しい「糖質制限ダイエット」
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.