糖質制限でスキンケアが超シンプルになった!子供のアトピーも改善

とてもシンプルなスキンケアになりました

糖質制限を開始する前、よっしーは基礎化粧品に結構なお金をかけていました。プレ化粧水、化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック…でも、それだけお金をかけている割には何となく肌がくすんでいるような感じでした。

「あーーー年を取るってイヤだなぁ…」と思っていました。まだ30代だったんですけど、今思うとかなり疲れた肌だったと思います。

でも現在は、スキンケアはとてもシンプルです。朝は鼻のあたりなどの脂が気になる部分に少量洗顔料を付けて、後はぬるま湯で洗うぐらい。

 

 

日焼け止めは塗りますが、普段はちょこっとポイントメイクぐらい。夜は洗顔後、乾燥が気になる時だけ部分的に保湿ジェルを少々つける程度です。

それなのに、肌は糖質制限ダイエット開始前よりも明らかにきれいになりました。くすみ感が消え、肌に透明感が出てきたような気がします。←本人比

糖質制限ダイエットで肌の調子が良くなるのはどうしてなのでしょうか?今まで山ほど使っていた基礎化粧品をぐっと減らせるとしたら、ちょっと試してみたいと思いませんか?

 

なごみ
なごみ

たくさんの化粧水や美容液などを使わなくてもいいなら、ラクだしお金も節約できますよね。

よっしー
よっしー

そうよ、浮いたお金でお肉をたくさん買うようになったわ。

糖質の過剰摂取で肌も血管もボロボロになる!

食パンをトーストすると、こんがりと美味しそうな色に焼けますよね?これはメイラード反応といい、いわゆる「糖化」です。

これと同じことが、体内でも起こります。糖質を過剰摂取して血糖値が上がると、血管壁がトーストのようにこんがりと焼けて動脈硬化になってしまいます

パンを焼くときのように高温にしなくても、体温で糖化が起こると言うのは何とも恐ろしいことですよね。身体の中は普段外から見ることはできませんけど、こんがり焼けてしまっていたら大変💦

糖化が起こるとAGEs(終末糖化産物)ができ、活性酸素が発生して炎症が起こります。皮膚では、糖質の過剰摂取で常に軽い炎症が起こっていて、ストレスや湿度の変化などですぐに悪化し、強いかゆみが発生するのだそうですよ。

糖質の中でも特に果物や清涼飲料水などに多く含まれる「果糖」がAGEsを作りやすく特に危険であることが分かっています。

「果物なら血糖値が上がりにくいんでしょ?」と言って糖質制限ダイエット中でもかなり果物を召し上がる方もいらっしゃるので気を付けてくださいね。

果糖はAGEsを作るだけではなく、中性脂肪になりやすくインスリンの効きを悪くするので痩せていても脂肪肝になったり糖尿病を発症しやすくなるんです💦

 

 

そして、体内でこのようなことが起これば糖尿病や動脈硬化など深刻な健康被害が起こりますし、肌で起こればシミやシワなどの原因となるわけです。

肌は糖質から出来ていません。コラーゲンだってタンパク質ですよね。コラーゲンはアミノ酸(タンパク質が分解されたもの)を原料にして体内で生成されています。

いくら海藻をせっせと食べてもタンパク質不足なら髪は生えてきませんし、高価な化粧品を塗りたくってもタンパク質不足ならキレイな肌にならないのは当然の事でしょう、材料が足りないんですから。

 

ニキビを悪化させるのは脂質?それとも…

よっしーは中学・高校時代にニキビがひどくて、当時は油がニキビに良くないと思っていたのでなるべく油を摂取しないようにしたり皮膚科にも通いましたが少しも改善しませんでした。

ただ皮膚科医に「おせんべいやチョコレートはニキビに良くないので、食べすぎないようにしてね」と言われたのを覚えています。

今思うと、おせんべいやチョコレートの糖質が肌に炎症を起こしてニキビを悪化させやすいということなんですよね。当時は子供で何の知識もなく、皮膚科医の言葉の意味が理解できませんでした💦

 

 

よっしーはお菓子はそれほど食べていませんでしたが、ご飯や果物はしっかりと摂取していたので結局は同じことだったのでしょう。朝食には毎朝必ず何かしらの果物が出ました。

ちなみに、ニキビは現代人に特有の症状と思っている方もいらっしゃるでしょうけど、日本でも平安時代にはすでにニキビに悩む方がたくさんいたことが分かっています。

「食生活の欧米化が原因で油の摂取量が増えたのがニキビの原因だ」というなら、平安時代にニキビに悩む方がたくさんいたのはどういうことですかね?江戸の人たちもいろいろな方法でニキビ治療を試みていたようですよ。

 

様々な肌の悩みに糖質制限が効果があるかもしれません

アトピー性皮膚炎に悩んでいた方が糖質制限で症状が改善したという体験談はたくさんあります。アトピーに肉などの動物性食品はあまり良くないと言われているようですけど、実際には糖質のほうが良くないようですね。

そして、肉だけではなく青魚などを積極的に食生活に取り入れることも効果があると思います。青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸には、アレルギーを抑える働きがあるからなんです。

 

 

子供の頃アトピー性皮膚炎だった弟は、糖質制限でかなり症状が改善したようです。肌に悩みのある方は、試してみてもいいのではないでしょうか?

もしあなたが現在、何らかの皮膚の症状に悩まされているとしたら、可能なら糖質制限ダイエットについてよく理解している皮膚科医にかかることができると安心ですね。

現在、糖質制限指導を受けることが出来るクリニックはまだそれほど多いわけではありません。お住まいの地域に該当するクリニックがあるかどうか、調べてみてください。

 

 

よっしーの次男も赤ちゃん時代からアトピー性皮膚炎と食物アレルギーに悩んできましたが、糖質オフな食生活に変えたらずいぶんラクになりました。幼いころはバナナやラムネ、グミなど糖質が大好きな子供でした。

現在ではヒザとヒジの内側がたまに少々乾燥しているかな?程度で、食事は生卵以外は何を食べても平気で顔もすべすべです。赤ちゃんの時は卵・乳・小麦すべてが6段階中5か6という重度のアレルギーでした。

大昔のヒトは、動物や鳥の卵を見つけて生で食べることもあったはずです。しかし、現代のようにアレルギーに悩む方は少なかったのではないでしょうかね。

すべての皮膚科の病気が糖質制限ダイエットで治るとは言えませんけど、すごく良くなる方が多くいらっしゃるのもまた事実です。栄養療法も含めて試してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

なごみ
なごみ

よく考えたら、人間の女性だけがあれこれ顔に塗っていますもんね。しかも塗った分だけキレイになるとも言えませんし。

よっしー
よっしー

外からあれこれ塗るよりもまず、内側から肌の材料をきちんと補うことの方が大事ね。ビタミンCだけ飲んでもタンパク質不足では意味がないわよ。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.