ダイエット中だけど「から揚げ」が食べた~い!

糖質制限ダイエット的にから揚げはどうなの?

先ほど姉妹ブログに「糖質制限すると脳に栄養が行かないのでは?」という記事を書きました。間違った思い込みのせいで糖質制限に踏み切れずにいる糖尿病患者さんたちがたくさんいらっしゃることを知ったからです。

糖質制限ダイエットを実践なさっているみなさんにも、不安を解消するためにぜひ読んでいただきたいです、よろしくお願いします。さて…

 

にゃご
こんにちは!オレはしゃべる猫のにゃご。よろしくね♪

よっしー
突然ですが、よっしーともどもこの子をよろしくお願いしま~す!

 

せっかくSpeech Bubbleというプラグインを入れてるんだから、話し相手がいたほうがいいと思ってwwwというわけで、よろしくお願いします♪

さて、「糖質制限ダイエット中にからあげを食べても大丈夫ですか?」という質問をいただきました。よっしーの子どもたちはからあげが好きなので、時々食べています。

テレビのダイエット番組に登場する太めの方たちはみんな、から揚げなどの揚げ物が大好きですよね。だから気になるのも分かります。

今回は「糖質制限ダイエット中にからあげは食べても大丈夫かどうか」について考えていきましょう。

 

から揚げの糖質量ってどのぐらい?

それでは、市販のから揚げはどのぐらいの糖質量なのか見ていくことにしましょう。

 

ローソン からあげクンレギュラー(画像はローソン様のサイトからお借りしました)

1個あたり糖質1.6g 1パック5個入り糖質8.0g ※たまにキャンペーンで1個多く入っています。

 

 

 

ローソン 鶏から レモン(画像はローソン様のサイトからお借りしました)

1個あたり糖質4.5g 1パック4個入り糖質18.0g ※炭水化物表記ですが、ほぼ糖質だと思われます。以下同じく炭水化物=糖質で計算します。

 

 

 

セブンイレブン からあげ棒 竜田揚げ(画像はセブンイレブン様のサイトからお借りしました)

1本あたり糖質13.8g

 

 

ファミリーマート 若鶏の和風唐揚(画像はファミリーマート様のサイトからお借りしました)

1個あたり糖質3.7g

 

 

どれも美味しそうですね~。糖質量を見ると、どのから揚げでも2~3個ならまぁいいかな?という感じでしょうか。

この中ではローソンのからあげクンがお勧めかもしれませんね。ただしレギュラー味と比べて他の味は糖質も多めになりますので気を付けてください。

2018年2月27日に発売される「からあげクン 海鮮エビマヨネーズ味」はドラえもんの映画とコラボしたパッケージが可愛らしく、糖質は1パックあたり9.8gです。

 

お腹いっぱいから揚げを食べたい場合はどうする!?

にゃご
でもさー、たったの2~3個でごちそうさまなんて無理だよ。オレ、もっとたくさん食べたい!

よっしー
それじゃ、工夫して手作りするしかないわねぇ…

 

市販のから揚げは衣に糖質が多いのでどうしても糖質量が多くなってしまいますけど、衣を工夫して手作りしちゃえばもっとたくさん食べても大丈夫です♪

たとえば、小麦粉の代わりに大豆粉を使ってみてはいかがでしょう?鶏肉や卵はほぼ糖質ゼロなので、糖質が少ない大豆粉を使えばぐっと糖質オフなから揚げを作ることができます。

 

 

市販のから揚げを食べる時は、なるべく衣が薄くついているものを選ぶようにしましょう。スーパーなどで売られている安いから揚げは衣が厚いものが多いので気を付けてください。

から揚げだけではなく、トンカツやチキンカツなど他の揚げ物も同じことが言えます。以前テレビで山田悟医師が「トンカツの衣ぐらいは大丈夫です」とおっしゃっていましたが、よっしーはトンカツ屋さんで買ってきたトンカツの衣を半分はがして食べたらダラダラと高血糖が続いて非常にショックでした。

市販のから揚げなどの揚げ物を食べるなら、少しだけ。あるいは食後に有酸素運動でもして消費してしまいましょう。たくさん食べたいのなら衣を変えて手作りしましょう。

どうしてもから揚げじゃないとヤダ!というわけじゃないのなら、たとえばファミリーマートの炭火焼き鳥ぼんじりタレは糖質2.6gしかないですし、チキンステーキピリ辛味は糖質4.7gです。

そういう「から揚げ以外の肉料理」も好きであれば上手に取り入れてみるといいかもしれないですよ♪

 

まとめ:食べすぎなければ大丈夫です♪

にゃご
でもテレビのダイエット番組に出てくる太っている人たちはみんなから揚げが好きだよね、やっぱりちょっと不安だなぁ…

よっしー
大丈夫、食べ方と食べる量に気を付ければいいのよ。

 

テレビのダイエット番組で「私はどうしてデブになったか」的な再現VTRを流すことが多いですよね。そんな時決まって登場するのがから揚げです。

だから、から揚げ=デブの元!と思うかもしれませんが、ちょっと考えてみてください。彼女たちの食べる量はかなり多くありませんか?から揚げ1個あたりの糖質量が4g程度でも、10個食べればそれだけで糖質40gになってしまいますよね。

しかも彼女たちは、から揚げを単独で食べるのではなく、ほぼ例外なく「どんぶりご飯」の上にから揚げを載せてマヨネーズまでぶっかけていたりします。

大量の糖質と大量の脂質を同時に摂取することはもっとも太りやすく、しかも動脈硬化を進行させる行為だと考えられています。絶対に真似をしてはいけませんよね。

逆に、から揚げを食べるとしても少量にとどめ、ご飯やパンなどの主食と一緒に食べなければ問題はないと思います。よっしーもたまに、子どもたちと一緒に市販のから揚げをつまむこともありますよ。

 

にゃご
そうか、安心した!これからも美味しいから揚げを適度に楽しもうっと♪

よっしー
外食やお惣菜だと想像以上に糖質が多いことがあるので気を付けてね♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.