ヘルシーな食事って何だろう?

ヤマザキの糖質控えめパンシリーズ、好評みたい。

先日、ヤマザキの糖質ひかえめブレッドを近所のスーパーに置いてもらうようにお願いしてみたら置かれたので「言ってみるもんだなぁ」と思ったよっしーです。

 

 

その後、血糖値は意外に上がらないことも分かりましたし…でも、他の人が買わなかったらすぐに店頭に置かれなくなるだろうなと心配だったんですけど、そこそこ売れているっぽいです!

買い物に行ってこのパンを買って、後で「やっぱりもうちょっと買っておこうかな」と思って行って見ると、なくなっていることがよくありますから…

よっしーの他にもこれを買う人がご近所にいるのか?なんだか嬉しいですね~。

 

「ヘルシーな食事」の定義とは?

さて、世間一般ではよく「ヘルシーな食事」なんて言いますよね。

いわゆるヘルシーな食事と言うのは、どうやら「低脂肪食」「低カロリー食」「和食」「植物性食品」あたりのことを指す場合が多いみたいですね。

 

 

中には「糖尿病でも食べられるヘルシーな和風おやつ」と言って思いっきり砂糖を使っているものや、「糖尿病患者向けのヘルシー宅配食」なんていうのもたくさんありますよね。

糖質制限ダイエットなど、彼らに言わせれば、不健康きわまりない、バランスの良くない食事に違いありません。

 

「ヘルシーな食事」で健康になれるのか

では世間一般で言う「ヘルシーな食事」であればみなさん、健康になれるのでしょうか?

よっしーは糖尿病患者なので、他の糖尿病患者さんのブログもよく読ませていただいています。

必ずしも糖質制限をしている方ばかりじゃないので、食事の内容はいろいろです。

 

 

それで「今日はヘルシーな食事にしました」と書いてあるのに、その後の血糖値がかなり高かったり、「食事に気を付けたので体重は〇キロ減りました、でも血糖値は下がりません」なんてザラにあるんですよね…

現在進行形で糖尿病合併症が悪化している方も、決して不真面目なことをなさっているわけではなく、むしろ真面目に医師から言われたであろう食事方法を守っている方がほとんどなんですよ…食事の画像を拝見する限り。

なんというか切ないです。

 

 

そして悲しいことに「従来の糖尿病治療の食事療法をきちんと守った患者には、糖尿病合併症は起こらなかった」「食事療法を守った患者たちの血糖値が正常化した」というデータは存在しません

一部「遺伝がなく、単に過度の肥満と暴飲暴食が原因で発症した患者が、カロリー制限で標準体重になっただけで血糖値が正常化した」という例はありますが、日本人にはそのタイプは少ないです。

したがって、大多数の方に当てはまることではありません。

実際、日本の糖尿病患者できちんと通院治療を受けている方の平均のHbA1c(過去2か月ほどの血糖値の平均を反映する数値、正常値は4.3~5.8)は7だそうです。

よっしーのHbA1cは5.3~5.5です。

 

糖尿病データマネジメント研究会(JDDM)のホームページです

 

 

効果を実感できなくても、医師や管理栄養士の言うことは正しい?

病院で指導された通りに頑張っているのに病気が少しも良くならない方と言うのは、内心「なぜだろう?」と思っていらっしゃると思います。

真面目な方は「私の努力が足りないのかもしれない」と思うかもしれません。

でも、「いま指導されている食事方法は、もしかして正しくないのでは?」と考える方がどれだけいらっしゃるでしょうか?

 

 

…おそらく、100人中95人までは医師や管理栄養士の言うことを疑わないと思いますね。何かよっぽどのキッカケが与えられない限りは。

「ちゃんと頑張っても良くならない、糖尿病ってそんな病気だから仕方がないんだな。これ以上悪くならないようにきちんと先生の言いつけを守らなきゃ」と思っているうちに、じわじわと悪化して、主治医から「〇〇さん、糖尿病って少しづつ進行していく病気だから仕方がないんですよ…」とか「あなたは運が悪かったですね」などと言われてしまうのでしょうか?

よっしーの知っている方の中には「あなたこっそりお菓子なんか食べていたんじゃありませんか?」と糖尿病のお父様のことを悪く言われ、はらわたが煮えくり返ったという方もいらっしゃいます。もちろん、そんなことはしていないそうです。

 

 

ただ、一部で言われているような「医師や管理栄養士が、わざとウソを教えて患者を病気にしようとしている」というのは、さすがに無いと私は思います…悪意は全く無くて、彼らはただ「知らない」だけじゃないでしょうか。

学校で習ってないこと、教科書に書いてあることと違うことを真実だと認めるには、相当な勇気と「自分の頭で考えるチカラ」が必要です。

学校の勉強が出来るからと言って、自分の頭で考えるチカラがあるとは限らないんですね。

 

真にヘルシーな食事とは?

では「真にヘルシーな食事」とは何でしょうか?答えは、もしかするとひとつではないのかもしれません。

よっしーのような「糖質に弱い体質」の者にとっては、糖質を避ける食事がヘルシーであることはほぼ間違いないです。だって、普通にご飯中心の食生活を続けていて糖尿病になったので。

はっきりいって、超高級ブランド米であっても、血糖値は爆上がりします。無農薬とか有機栽培とか、国産とか、そんなの血糖値の上がり方とは何の関係もないです…残念ながら。

そして、ある方にとっては、小麦類や乳製品を避ける食事が健康に最良ということもきっとあるでしょう。

 

 

何を重視するかは、その人の体質や健康状態によって異なります。しかし、少なくとも糖尿病患者の血糖値を爆上がりさせるような食事は「ヘルシー」とは言えないでしょうね。血糖値が爆上がりするたびに動脈硬化は進行していきますから…

「ヘルシーな食事」とは「どこかの専門家が頭の中で考えたバランスの良い食事」ではなく、「その人にとって、健康状態に悪影響を与えない食事」のことであるとよっしーは思います。

そしてそのヘルシーな食事は、自分で探していかなければいけないとも思うのです。

思い
記事が役に立ったらシェアお願いします~!
新規投稿を見逃さないためにフォローしてね♪
もう失敗しない!正しい「糖質制限ダイエット」
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.