ご飯も食べる糖質制限ではいつまでも糖質依存から抜けられず苦しい

中途半端な「ゆる糖質制限」で甘い物への欲求が爆発!?

しばしば話題になるんですけど、中途半端な糖質制限をしている方って結局辛すぎて挫折しちゃう人が多いよね~と。

よっしーが糖尿病と診断されて糖質制限を始めた時、主治医は「ご飯を一口も食べないの?本当に?」とかなり驚いて目を丸くしていました💦

普通に考えれば、「ご飯(主食)を完全になくすより、ひと口だけでも食べたほうが精神的にラクなんじゃないの?」と思いますよね。

 

マイルドなゆるやかな糖質制限はかえって辛いと言う内容の漫画

 

でも、よっしーの知っている方で目標体重に到達できないまま甘い物への欲求をどうしても抑えられずに結局糖質制限ダイエットに挫折してしまった方たちってみんな「ゆるやかな糖質制限」をしていた方ばかりなんです。

大好きなものをほんのちょっぴりだけ食べると、「もっと食べたい~、もっと食べたい~」という強烈な欲求とずっと戦わないといけないんじゃないでしょうか…

漫画の中でピーナッツを例に挙げました。ピーナッツが大好きで食べだすと止まらなくなる方ならお分かりいただけると思います、3粒だけでやめるのと最初から別のものを食べるの、どちらがよりピーナッツへの欲望をかきたてるのか…

 

にゃご
にゃご

大好きなものをちょっとだけ食べてやめろだなんて拷問だよなぁ。

よっしー
よっしー

それならまったく食べないほうがずっとラクね。そのうち忘れちゃうわよ。

糖質は脳に強い快感を感じさせ依存症になります

甘い物、糖質の多い物を食べると脳内でドーパミンなどの神経伝達物質が放出され、強い快感を感じます。

このような現象を引き起こす物質には依存性があり、だんだん同じ量では物足りなくなってしまいます。そして、摂取量が増えていくのです。

糖質を今までの半分だけ食べ続けると、常に「ああ、もっと食べたい」という気持ちと戦わなくてはいけないことになるので非常に辛いと思います。

ある若い男性の方は夏休みにアイスクリームをドカ食いしてしまい、ダイエット開始時よりも太ってやめてしまったそうです。

 

 

星新一さんのショート・ショートで確か、禁煙したい人が飲むとタバコに関するものすべてが見えなくなるという薬の話があったと思います。

本気で糖質制限したい方は、きっぱりやめるぐらいの気持ちでいたほうがかえって短期間でラクになれるのかもしれませんね。

あ、完全にやめるといっても「糖質摂取量をゼロにする」という意味じゃないですよ。糖質は野菜や豆、ブラックコーヒーにすら含まれていますのでゼロにするのは無理です。

中でも特にご飯やパンなどは、食べだすと理性がぶっ飛ぶ方も少なくありません💦それならわずかでも食べないほうがラクというものです。

 

依存症の方が依存を断ち切ろうとすると離脱症状が…

ここでアルコール依存症の方の話をしましょう。毎日大量に飲酒をする方は耐性ができて酔いにくくなり、次第に飲む量が増えるそうです。

糖質に関しても同じことが言えるのかもしれませんね。しかし、調子に乗ってその生活を続けていれば、アルコールも糖質もいずれその人を重大な病気にしてしまいます。

アルコール依存症の患者さんは、体内のアルコール濃度が下がってくると自律神経症状や情緒障害、手の震え、幻覚などの「離脱症状」が生じます

そして患者さんは、離脱症状による不快感から逃れるために、さらに酒を飲み続けることになってしまうのだそうです。これではいつまでたってもやめられないですね。

 

 

糖質依存症の方がいきなりハードな糖質制限をすると、アルコール依存症の方の離脱症状と同じような症状が現れるかもしれません。

そして「ほーら見ろ、やっぱり極端な糖質制限は体に悪いんだ!」ということになり、また糖質を食べる生活になってしまうでしょうね。

タバコやアルコールを自力でやめられない方たちは、医療機関に頼ることもできます。しかし糖質依存症で苦しんでいる方が頼れるそのような窓口はまだほとんどないのが現状です。

 

まず自分が依存状態であることを認めなければいけません

何かの依存症の患者さんの多くは、「自分は依存症なんかじゃない!適度に楽しんでいるだけだ」と言うそうです。

でも、自分がそうかもしれない…とまず認めなければ、いつまで経ってもそこから先に進むことは出来ないんですよね。

自分は糖質依存症かもしれない、じゃあどうしたらこの状態から抜け出すことができるのか?を考えましょうということです。

よっしーは間違いなくお米依存症だったはずですが、重度の糖尿病でいつ死んでもおかしくない状態だと分かった時、もうお米を食べたいという気持ちはなくなっていました。

 

お米をもっと食べろと迫ってくる管理栄養士

 

しかし、特に深刻な持病があるわけでもない方の場合はつい気持ちが揺らいでしまいがち。商売のために「極端な糖質制限は危険なのでやめましょう」という人たちについ乗せられてしまいます。

だってほら、みんながストイックな糖質制限をしちゃうと「うちの商品が全く売れなくなるじゃないか!」って方たちも「緩やかな糖質制限なら、うちの商品も半分ぐらいは売れるからまぁここらへんで妥協しておくか」ってね。

それはともかく、中途半端な糖質制限では精神的に甘い物への欲求がなかなか抑えられなくて辛い上、糖質と脂質の合わせ技により異所性脂肪沈着や動脈硬化が進行すると言う問題があります。

どうせやるなら、もう少し頑張ってみませんか?もっとも、やるかどうかはみなさんが自分でよく考えて決めてくださいね♪

 

にゃご
にゃご

甘いものが欲しい~と思わなくなれば、糖質制限なんてちっとも辛くないんだぞ。

よっしー
よっしー

そういうことよね。にゃごは甘い物なんて最初から興味がないもんね♪

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.