体質の個人差を無視して同じ食事を強制することはとても危険です

糖質制限をしてはいけない人・糖質制限しなければいけない人

このブログは糖尿病患者が書く糖質制限ダイエットのブログですが、世の中のすべての方が糖質制限をしていいわけではありません。

中には、病気で糖質制限をしてはいけない方もいらっしゃいます。同じ糖尿病患者でも、すでに糖尿病腎症が進行している方はタンパク質を制限するように言われますので糖質制限はできません。

そして困ったことに、はっきりと病気と診断されていなくても実は何らかの病気の遺伝子を持っており、糖質制限をすると初めてその症状が出現する場合があるのです。

私たちが脂肪酸をエネルギーにする過程で必要になる酵素に先天的な異常がある場合があります。この長鎖脂肪酸代謝異常症の方が高脂肪食を食べると肝機能障害になるのだそうです。

そしてこの病気の方は糖新生が上手くいかないので、糖質を摂らない時間が長くなると低血糖を起こして命に関わることもあるそう。

この病気の方は高脂肪食を避け、数時間おきに糖質をこまめに摂取しなければいけないそうです。日本人の3万4000人に1人がこの病気なのだそうです。

またシトリン血症という病気の方は日本人の1万7000人に1人いらっしゃって、いわゆるバランスの良い食事と言われる食事(糖質60%)を食べると高アンモニア血症に陥るそう。

高アンモニア血症を起こすと脳に後遺症が残ることがあり、また体調不良を起こしたときに病院でブドウ糖を点滴されると死亡する可能性もあるそうです!

2015年より前に生まれた子供の場合、この病気は見逃されている可能性があるかもしれないとのこと。糖質を食べると体調が悪くなる場合は、この病気の可能性があるんですね。

糖質制限すると死んでしまうかもしれない方と、糖質を普通に摂取すると死んでしまうかもしれない方がいらっしゃることを忘れて、すべての人に同じ食事を食べさせてはいけないんです。

にゃご
そういう先天的な病気があるのか…確かに病気の方は少ないかもしれないけど、病気のことをまったく知らない人も多いんじゃないのか?

よっしー
糖尿病でさえ、自分の家に患者がいなければほとんど何も知らない人がいるぐらいだもんね…

各クラスに2人いる!?みんなと同じ食事で体調が悪化する子供

さきほど紹介した病気の患者さんたちはかなり少ないので自分には関係が無いと思われるかもしれませんね。

でも実は、長鎖脂肪酸代謝異常症と診断されることがなくても、その遺伝子変異を持っていて脂肪酸をエネルギーにする過程で必要になる酵素を普通の人の半分しか持たない方は91~92人に1人いるのではないかと考えられています。

このような方は普通に糖質を摂取していると何も症状が無くても、糖質制限すると体調が悪化したり低血糖気味になるのではないでしょうか?

「私は糖質制限したら体調が悪化した!だから糖質制限は危険だ」とおっしゃる方はもしかしたら気付いておられないだけでこの病気の遺伝子変異をお持ちなのかもしれません。

そして同様に、普通に糖質をたっぷり摂取すると体調が悪化するかもしれない人も100人中5~6人いるかもしれないとカルピンチョ先生。

100人中5~6人と言うと、学校の各クラスに2人ぐらいはそういう子供がいる計算になります。給食のパンを食べると頭が痛くなるのに先生から叱られて…なんてことも?

学校給食って、残すと「あのクラスは残食が多い」と担任の先生がお叱りを受けるらしいですね。だから余ったご飯を残らないように先生が配ったりするんですよね。。

最近はアレルギーの子が多いので、昔ほど無理やり食べさせることは少なくなったといいますけど、それでも他の保護者からいろいろな話を聞きます。

病気と診断がつかないレベルでも、何らかの遺伝子異常を持っている人はわりとたくさんいらっしゃるのです。そういう体質の個人差を無視して同じ食事を押し付けるのは危険です。

万人にピッタリ合う食事なんて存在しないのだから

つい先ほど「僕はご飯が好きだ。糖質制限ダイエットをしてお米を食べない人は日本人失格だと思う」的なネット記事を見かけて悲しい気持ちになりました。

その方はお米をしっかり食べる生活で特に健康に支障はないのだと思います。でも100人中5~6人もの割合で、糖質を人並みに食べると体調を崩す方がいます。

その他、よっしーの次男のお友達でお米アレルギーの子もいます。よっしーのように、特別食べすぎではなく普通レベルで糖質を食べていても若くして糖尿病になる人も多いです。

いろいろな体質の人がいて、みんな自分がいちばん元気に過ごすためにはどんなものを食べたらいいのか試行錯誤しながら一生懸命頑張っているんです。

「アレルギーの人は仕方がないが、それ以外の人はお米を食べなければいけない!」と言われても困るんです。糖尿病体質の子供など、食べてもただちに影響が出るわけではない人もいます。

某団体の新聞に「おにぎりにはお母さんの愛情がこもっている、みんなもっとお米を食べましょう」的な文章が掲載されていましたが、お米アレルギーの子のお母さんはどんな料理も愛情をこめて作っていると思いますよ?

糖質制限も従来型のバランス食もそうですが、「この食事は全ての人にぴったり合います」という食事は存在しません。

全ての方に合う食事が存在しないからこそ、選択肢がいろいろあってしかるべきではないでしょうか。自分が気に入らない食事や自分の商売にとって都合の悪い食事を批判していいのでしょうか?

糖質制限ダイエットは、たくさんある食事方法のうちのひとつです。何も病気ではなくても、やりたい人は自由に実践する自由があります。

各自、自分の体調を見ながら行っていくことが大事なのです。誰かにやめろと言われる筋合いはありませんし、逆に自分が実践して良かったからと言って他人に無理に勧めるのはいけません。

にゃご
食事方法ってただ一つだけの「正解」があるわけじゃないんだよな。

よっしー
そうなのよ、自分の勧める方法だけが正解であるかのように語る専門家もいるけど、体質の個人差を無視してはいけないと思うわ。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.