女性は糖質制限ダイエット中に野菜や大豆製品ばかり選びがち!?

糖質制限ダイエット中にどんな食品を選んでいるの?

2018年5月、15歳~69歳までの男女1,100人を対象にインターネットで「糖質制限ダイエットに関する実態調査」が行われました。

アンケートによると、これまで行ったダイエットのうち最も効果を感じられたダイエットとしては「有酸素運動」「糖質制限ダイエット」が上位でした。

男性は有酸素運動が1位で女性は糖質制限ダイエットが1位だったそうです。実際に試したことがあるダイエットの1位は「食べ順ダイエット」だそうですが…効果はイマイチ!?

それで糖質制限ダイエット中にどのようなメニューを選ぶのかというアンケートではサラダやサラダチキン、豆腐・納豆が特に人気だったそうです。特に女性はサラダと豆腐・納豆を選ぶ人が多いとか。

 

 

糖質制限中のメニュー選びの基準として「糖質量」を挙げる方が多いのは当然として、男性は「量・ボリューム」を、女性は「値段や割引」を重視する人が多かったそうです。

糖質制限を実践する方が増えたのは良いことだと思うんですけど、今回のアンケートの結果を見るとなんとなく不安になります。

特に、女性が糖質制限ダイエットをするときの食品の選び方について心配になっちゃいます…今回はそんなお話です。

 

なごみ
サラダに豆腐や納豆…カロリーが低そうなものばかりですね。

よっしー
そうね、女性ってこういうものをつい選びがちだと思うの。

 

女性はヘルシー志向からなかなか抜け出すことができない!?

アンケートの結果によると、女性は糖質制限中にサラダや豆腐・納豆を選ぶ傾向があり、なるべく値段が安いものを好むということです。

糖質制限的にOKな食材の中で値段が比較的安いものとなると、どうしても大豆製品などが中心になりますよね。

 

 

ステーキなど肉そのものはぶっちゃけ値段が高いので、あまり選ばない女性が多いということかもしれません。サラダチキンは食べても豚肉や牛肉はあまり食べない方も多いのでは?

特に女性は、果物や野菜がヘルシーで肉の脂は体に良くないのだという長年の思い込みを捨てるのはかなり難しいのかもしれません。

よっしーが糖尿病と診断されて糖質制限を始めた時、先輩方から「しっかり脂質を摂るように」と言われまくりましたが、最初はなんとなく抵抗があったものでした。

糖質制限ダイエットは、血糖値を乱高下させたり無駄にインスリンを分泌させるような糖質ではなく代わりに脂質をメインのエネルギーとして使っていく食事法です。

 

 

だから糖質を減らした分、今までよりしっかりと脂質を摂取しなければいけないのですが…糖質を減らしたのに脂質を増やせないと、エネルギー不足からさまざまな体調不良を招きかねません。

体脂肪を減らしたいのに脂質を摂取するなんて!と思われるかもしれませんが、あまりにも脂質の摂取量を減らしすぎるのはやはりトラブルの元です。

サラダや脂肪の少ない鶏肉ばかり食べて「糖質制限ダイエットをしたら急激に体重が減ったけど生理が止まった、体調が悪化した!やっぱり糖質制限は危険だ!」とおっしゃる女性も少なくありません。

自分ではちゃんと食べているつもりでも、じつは脂質やタンパク質が足りていなかった…ということはよくあると思います。特に女性は気をつけましょう!

 

ヒトはネズミやウサギと同じような体には出来ていません

マウスは人間の住む世界で生き延びるために残飯などなんでも食べるようになりましたが、自然界では草食で穀物や果実などを好んで食べます。またウサギも基本的に草食で、草や木の葉、樹皮、果実などを食べます。

いっぽうヒトは、進化の過程においてたまたま氷河期で森の食べ物が少なくなったことがきっかけで肉食を始め、そのことで脳が大きく進化して肉食を続けてきました。

たいていの動物は体内でビタミンCを合成できますが、ビタミンCの材料はブドウ糖です。ヒトはたくさん糖質を摂取しないという前提で、糖新生によって得られる貴重なブドウ糖はなるべく脳へ回すことにしました。

そういうわけで、ヒトは肉や魚、卵などの動物性食品に加えてビタミンCを含む野菜なども食べる必要がありますが、草食のネズミやウサギとは違うのです。

 

 

ところが「マウスに糖質制限をさせたら寿命が短くなりました」だの「ウサギに高脂肪食を食べさせたら動脈硬化になりました」だのといった実験をそのまま自分たちにも当てはめようとする方が多いです。

はるか昔からずっと穀物を食べて生きてきたマウスから穀物を取り上げれば、そりゃ寿命も短くなるのは当たり前です。草食動物のウサギに普通絶対食べないようなエサを与えれば、そりゃ病気にもなるでしょう。

私たちと同じ黄色人種であるイヌイットは、最近まで肉や魚ばかり食べる生活を送っていた頃は健康だったのにファーストフードなどを食べるようになってから病気にかかる様になりました。

同じ黄色人種であるイヌイットや欧米人の話をしても「私たちは日本人なので彼らの例は当てはまりません」と言うくせに、マウスやウサギの話は鵜呑みにするのってなんなのでしょうね。イヌイットよりもマウスに近い人間がそんなにいるのかな!?

 

「ヘルシーな食事」って難しいですね

ヒトは本来、大量の糖質を日常的に摂取することを前提にデザインされていません。これがマウスとは違うところです。

そして、大量に糖質を摂取しながら同時に脂質も大量に摂取するのは確かに太りますし、健康にも良くないのです。しかし多くの方は糖質はそのままで脂質を減らそうとします。

せっかく糖質制限ダイエットを始めても、特に女性の中には「肉の脂は体に悪い」「野菜がヘルシー」という長年の思い込みをどうしても捨てきれない方がいらっしゃいます。

 

 

甘いタレにどっぷり漬け込んだ焼き肉をどんぶりご飯と一緒に食べるのと、塩コショウで焼いた肉を野菜と一緒に食べるのとでは全然体への影響が違うのですが…

とにかく、せっかく糖質制限ダイエットをするのであれば動物性食品もしっかりと摂取するようにしてください。納豆や豆腐も良いのですが、そればかりではいけません。

ヒトにはヒトの、マウスにはマウスの「ヘルシーな食事」というものがあります。これは決して同じものではないということを忘れないようにしましょうね。

 

なごみ
糖質制限が出来ていれば、脂身のある肉は全然怖くないのでしっかり食べないといけないんですよね。

よっしー
これがなかなかできない人も多いんだけどね。でも美肌のためにもしっかり食べましょう♪

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.