小学生・中学生・高校生の女の子がダイエットしたい時はどうしたらいいの?

小学生の女の子もダイエットする時代なのね

ネットのダイエットのコミュニティには、中学生や高校生だけではなく小学生の女の子もちらほら参加しているそうです。

小学生の女の子が「私は身長〇センチで体重が×キロもあります、デブすぎますよね?痩せたいです」なんて書き込みをしているとつい心配してしまいます。

でもね、大人の目から見ると「それ以上痩せなくてもいいのに…」と思ってしまうけど、体型が気になるという気持ちも分かるんですよね。

某運動部の女の子のお母さんたちに訊いた話では、お嬢さんたちは別に痩せたいと思っているわけではないのだけれど、顧問からダイエットについて厳しく言われるそうです。

子供の肥満や糖尿病が問題になっているせいか、小学生や中学生にメタボ健診のような健診を行う自治体も多いですよね。

今回は、お母さんたちから見ると「とんでもない!」と思われがちな子供たちのダイエットについて考えてみることにします。

なごみ
小学生の女の子もダイエットですか…なかなか大変な時代になってきましたよね。

よっしー
まあね。でもダイエットしたい気持ちもわかるし、中には太りすぎで健康のためにダイエットしたほうがいい子がいるのも事実だわ。

中学・高校時代のダイエット体験談

よっしーは中学生の時、痩せたくて主食を半分にしたことがあります。給食のパンが2枚出た時は1枚残していました。

そうしたら体重は減ったんですけどフラフラになってしまったので中止しました。当時は「あー主食を抜くと体に悪いんだ」と思ったんですが、今思うとただのカロリー不足!

あの時、ただ主食を減らすだけではなく、肉や魚のおかずを1品増やしていればきっとうまくいったでしょうに。でも当時は何も知らなかったんです。

高校生になると3日間リンゴだけを食べる「リンゴダイエット」で3キロぐらい痩せましたが、やめたらあっという間にリバウンドしました。

高校2年生の時、親の反対を押し切って朝食と夕食をココアと豆乳を混ぜたような飲み物に置き換えるダイエットをして劇的に痩せて大喜びしました。

しかしその後受験生になり「脳のためにはエネルギーが必要だから」と自分に言い訳してカップ麺を食べまくって卒業時には以前よりデブになりましたorz

体のことを心配してくれる母のことも「ウザい」って思っていたんですよ、当時は。とにかく早く痩せてキレイになりたかったので…

幸い明らかに体調がおかしくなることはなかったですが、基本的に「食わなきゃ痩せる」という考えのダイエットばかりしていました。

まだ成長途中の子供が絶対に減らしてはいけないものは?

これは男女問わず成長途中のお子さんみんなに言えることですが、「もっと身長を伸ばしたい」と思っている子はタンパク質を減らしてはいけません、絶対に。

身長が伸びるときは骨の両端の骨端線という軟骨部分が伸びるのですが、タンパク質がメインの材料となって伸びていくからです。

日本人はごく最近まで背が低くて、江戸時代の人たちは成人男性でも身長が平均155cmぐらいしかありませんでした、遺伝子はそんなに変化していないはずなのに。

タンパク質不足で身長が伸びきらないと、胴体はそうでもないのに手足が短い「昔の日本人体型」になってしまいがちなんですよ。

それから受験勉強も頑張っているころだと思いますが、脳の半分以上は脂質からできていて、そのさらに3割は肉や青魚に多く含まれる脂質(ヒトの体内では合成できない)なんです。

「ダイエット中だから」と言って肉や魚をあまり食べないようにしていると、身長が伸びないだけではなく学校の成績も伸び悩んでしまうことになるかも!

それと亜鉛やマグネシウム、カルシウム、鉄分などのミネラルは特に運動部の子は汗といっしょに失われがちなので気をつけましょう。

女の子は特に鉄分不足にならないようにレバーも時々食べてね。肉、レバーが嫌いな場合は「隠れ貧血」になっていないか気を付けて。

じゃあ成長期のダイエットは何を食べたらいいの?

成長期のダイエットではまずタンパク質はしっかりと食べなければいけませんし、良質な脂質も摂取しなければいけません。野菜や海藻もいいですね。

脂質の中にも、体内で合成できないので積極的に摂取しなければいけない脂質とあまり摂取しないほうがいい脂質があります。

青魚や納豆に含まれている油はぜひ意識的に摂取してください。逆に気をつけなければいけないのは、トランス脂肪酸です。

下の図はEM生活様のサイトからお借りしました。トランス脂肪酸は植物油・マーガリン・ファーストフード・パン・お菓子などに多く含まれています。

トランス脂肪酸は肥満やアレルギー疾患、糖尿病や動脈硬化などの原因になり、アメリカ等では規制されていますが日本ではまだ野放し状態です。

できれば、お母さんにお願いして料理にはサラダ油やマーガリンよりもラードやバターを使ってもらうようにするといいですね。

タンパク質はしっかり、脂質もある程度摂らなければいけない…となると、あとは糖質の摂りすぎに気を付けてエネルギーの過剰摂取を防げばいいのです。

特に果物は、何となくヘルシーな気がするでしょう?ところが、果物を食べすぎると太りやすいのです。運動部ではない子は特に気をつけましょう。

成長期のダイエットは焦らずゆっくりと…

体重が今と変わらなくても、まだ成長期の途中で身長が何センチか伸びれば自然にスラリとした印象になります。

まだ成長途中の時期は、体重を減らすことをあまり焦らないようにしましょう。体重がそのままで身長が伸びればいいや~ぐらいの気持ちで。

友達と体重を比べてしまう子も多いと思いますが、はっきり言って体重なんて言わなければ別に分からないし、よほど基準を外れていない限りどうでもいいこと。

筋肉がしっかりある子は、見た目の割に体重は重かったりするの。逆に体重が標準以下なのに体型が引き締まっていない子は、筋肉が少なくて体脂肪率が多いということ。

体重が軽いことよりもお腹が突き出ていないとか、腕の後ろが引き締まっているとか、そう言うことの方がずっとカッコイイし大事かも。

運動部に所属している子は、それだけで十分な運動量があるのでそれ以上しなくてもいいと思います。むしろ、運動し過ぎが心配。やるとしたらストレッチかな。

体を動かす時にはのどが渇く前にきちんと水分を摂取して、熱中症にならないように気をつけましょう。ダイエットは健康第一で、無理なくマイペースでね♪

なごみ
まず健康あってこその美なんですよね。無理のないダイエットをしてほしいですね。

よっしー
ダイエット=体重をどんどん減らすということではないしね。身長を伸ばせば体型も変わるかも♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.