糖質制限で高脂肪食を食べるから中性脂肪が高くなるのではありません

高脂肪食で中性脂肪が高くなる?嘘ばっかりwww

さきほど「脂肪を摂り過ぎると、体内に摂り込めなかった余分な脂肪は6時間以上も血管の中を漂い、血管壁にプラークがたまって動脈硬化が進行する、したがって糖質制限は危険である」という批判を見かけました。

食後に血管の中を漂っている余分な脂肪というのは、食事由来のトリグリセライド(中性脂肪)のことでしょうか。

糖質セイゲニストのみなさん、みなさんの中性脂肪値はそんなに高いですか…?よっしーは食後もっとも中性脂肪が高くなると言われている時間帯に検査をしても正常値をはみ出したことは1度もないんですけど。

同じく糖質制限をしている夫も、会社の健康診断ではいつも中性脂肪は40前後なのですが…脂質制限をしていないのに中性脂肪は正常値の中でも低いほうなのです。

これで「脂肪を取りすぎると中性脂肪が高くなってプラークが~」と言われても、なんのこっちゃ??という感じですよね。

夫の会社の後輩で中性脂肪が750もあるのに病院へ行かずに放置している方がいますが、その方は糖質大好きでお酒も飲むそうですよ!

普通に主食を食べてお酒を飲みつつ脂質もたっぷり摂取する人はそりゃ中性脂肪は高くなるでしょうけど、それって糖質制限とはまるで意味が違うではありませぬか。

まじめん
脂肪を食べるから脂肪が増えるってあまりにも単純な思考ですよね!

よっしー
そのくせ、糖質が体内で脂肪に変身することに関してはあまり危機意識がないみたいね。

本格的な筋トレをしている人も老化現象が急激に進むの?!

また「アミノ酸の摂取が多いと不良品のたんぱく質がたまりやすくなり、それが溜まると老化を促進する」とも。

糖質制限食を与えたマウスがある時期から急に老化が進んで寿命が短縮したのはそのせいではないかと言うんですけど、なんだかなぁ💦

糖質制限をしている人は確かにタンパク質は多めに摂取しますけど、よっしーは1日あたりせいぜい100~120gぐらいです。

本格的な筋トレを行っている方たちはさらに大量にタンパク質を摂取している方が多いと思いますけど、彼らもまたアミノ酸の過剰摂取により「若い時はいいが高齢になってから急激に老化が進む」と言うのでしょうか?

オートファジーがどうのこうのと言うなら、普段はタンパク質をしっかり摂取して月曜断食でもすればOKじゃないですか!?

ぶっちゃけ、あまり肉を食べずお米をたくさん食べていた昔の60歳と現代の60歳を比較してみてください。見た目どちらが若々しいと思います?

昔の日本人にはかなり脳卒中が多かったのですが、ひとつの原因としてタンパク質(特に動物性タンパク質)の摂取量が少なかったために血管が脆かったことが挙げられています。

また美肌と言えばすぐに思いつくコラーゲンもタンパク質なんですよね。タンパク質不足では髪や肌がボロボロになり、おばあちゃんみたいにシワシワになるのは明らかです。

黄色人種のイヌイットよりネズミを信じる先生たち

もちろんこれらのトンデモ糖質制限批判に関して、日本糖尿病学会の山田悟先生は「動物とヒトは代謝経路が異なるのに、動物実験の結果をそのままヒトに当てはまるとは話にならない」と一蹴されています。

私たちと同じ黄色人種であるイヌイットは昔、野菜や果物の摂取量はかなり少なく(極寒の地で暮らしていたため)生肉や魚ばかり食べていた頃は肥満や心臓病、糖尿病はかなり少なかったです。

ところがファーストフードなどを食べるようになり、生活習慣病にかかる者がかなり増えてしまいました。

ネズミの実験を自分たちに当てはめようとするくせに、黄色人種であるイヌイットの実例をスルーするのはおかしいと思いませんか?イヌイットよりもネズミに近いヒトなんているのかしら!?

また、かつて長生きで有名だった沖縄の方たちの平均寿命が短くなった『沖縄クライシス』を引き合いに出して糖質制限を批判する先生方もいらっしゃいます。

沖縄では戦後の欧米化の影響を受け、明らかに脂肪摂取量が増え、欧米のような内臓脂肪型肥満になる人が増えたので糖尿病患者が増えたというのです。

当ブログでも何度も書いている通り、糖質は生活習慣病に悪いですが糖質と一緒に脂質を大量に摂取するともっとも体に良くないことは明らかです。

沖縄の方たちは確かに戦後、脂肪の摂取量は増えたかもしれません。でも彼らは糖質制限をなさっているのでしょうか、違いますよね?

糖質摂取量はごくわずかしか減っていない、未だに過剰摂取と言える量を摂取している。その上高脂肪食…これでは内臓脂肪型肥満になるに決まっているじゃないですか。

みんな脂質だけを悪者にしたがっている

脂質そのものが悪いわけではありません。体に良くない種類の脂質はありますけど(サラダ油とかマーガリン)、ここではラードやバターなどを指すことにします。

脂質と大量の糖質を一緒に摂取するのが良くないのに、脂質だけに「罪」をおっかぶせて、何とかして「糖質は全然悪くありませんよ~」という結論に持っていきたい人がたくさんいらっしゃいます。

それはおそらく、糖質食品にかかわる仕事に従事なさっている方が多いからでしょうね。あと、糖尿病患者にかかわる仕事も…

冒頭で紹介した「脂肪をたくさん食べると中性脂肪が高くなる」にしたって、糖質制限している私たちの血液検査のデータを見ればすぐに分かることなのにね。

何も反論することができず黙っている、可哀想な脂質ちゃん。脂質だけを摂取しても、必要以上に体内に吸収されずにそのまま体外へ出ていってくれるだけなのに。

そんな脂質ちゃんを横目で見ながら、糖質ちゃんは舌を出しているかもしれませんよ?そして「この子はとーってもいい子なの♪」と信じて食べた人の体内で、体脂肪に変身するのです。

まじめん
糖質ちゃん、教師の前でいい子ぶって陰で悪事を働く陰湿な子供みたいですね、まるで💦

よっしー
先生も「この子が悪いわけがない」と思い込んでいるばかりに真実が見えなくなってしまうんだわ。脂質ちゃん負けないで!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.