糖質制限で子供たちの頭が冴えるかもしれない?

マウスの頭が良くなって寿命が延びた

科学誌『Cell Metabolism』に掲載された2つの別々に行われた研究で、マウスにケトン生成食を継続的に実践した場合、長寿と記憶力向上に効果があるという結果が出たそうです。

マウスは草食動物なのでヒトと単純に比較できないと思いますけど、糖質制限をしていると脳の働きが良くなっている実感はありますね。

食後に異常に眠くなったり、カーッと感情的になることがほとんどなくなった気がします。血糖値が安定していると、メンタル面でも穏やかになる感じ。

 

脳のイメージ画像

 

すぐ感情的になる人には、あまり賢い人はいない気がしますよ。あなたの周囲でどうでもいいことですぐにブチ切れる人は賢いですか?

この記事を読んでくださっているみなさんの中には「自分はダイエットや糖尿病予防のために糖質制限しているんだけど、子供たちにもよく勉強してほしいわ~」と思っている方も多いはず。

糖質制限すると、マウスと同じように人間の頭もすっきり冴える効果が期待できるのでしょうか!?

 

にゃご
にゃご

午後の授業で居眠りしちゃう子は、給食で血糖値がぐんと上がってまた下がるんだろうな。

よっしー
よっしー

1型糖尿病のお子さん以外、誰も給食の後で血糖測定なんてしないだろうから知らないのよね💦

「脳はブドウ糖しか使えない」という昔話

「いや、脳はブドウ糖しかエネルギーとして使えないはずだ!糖質をしっかり補給しないと脳がダメージを受ける!」と言われていたのは、もはや昔の話。

よっしーもフィットネス指導者をしていた頃はそう信じていたのであまりエラそうなことも言えませんけど💦 脳でブドウ糖しか使えないのはグリア細胞で、思考にかかわるニューロンはケトン体を使えます。

そもそも健康な方が糖質制限ダイエットをしても低血糖にはならないのだから、脳がブドウ糖不足になることはないですよね。

 

頭がいい小学生たち

 

正常血糖値であるということは、血管を通して脳にも正常な量のブドウ糖が届けられているということです。ブドウ糖はたくさんあればあるほど頭が良くなるというものではありません。

仮にそうであるなら、甘いものを食べまくってぶくぶく太っている方や、糖尿病のコントロールが悪くてかなりの高血糖の方はそうでない人よりも頭がいいはずですが…

周囲を見渡しても、決してそんなことはなく、むしろ逆なのでは?と思えてなりません。電車の中で人目を気にせずお菓子やパンを食べている学生さん、あんまり賢そうに見えず💦

 

子供たちの脳に良い食事ってどんな食事?

ここから先はいろいろな専門家の方の意見があるので自分でよく考えてほしいのですが、まず大前提としてヒトの脳の構成成分は、水分を除けば脂質約60%、タンパク質約40%です。

わざわざ糖質を経口摂取しなくても健康体なら肝臓でアミノ酸やグリセロールから「糖新生」でブドウ糖は作れるので低血糖になることはなく、脳がブドウ糖不足になることはありません。

それなのに糖質ばかり食べて脳の材料となる脂質やタンパク質をロクに摂取しなければ、子供たちの脳が順調に発達するかどうか心配になってしまいますよね💦

もともとヒトのご先祖様は他のサルたちと同じように植物性の食物を中心に食べていましたが、氷河期に入り偶然肉食を始めたおかげでヒトだけが賢くなったと言われています。

 

レシチン顆粒

 

植物性のエサだけではチンパンジーやゴリラの知能にはなれても、ヒトのように高度な知能を持つ巨大な脳を支えるのは不可能だったというわけです。

さらに大豆や卵に含まれるレシチンが脳に良いというので、わが家では大豆レシチン顆粒を炒め物や卵焼きを作る時に調味料感覚で混ぜてます。

ほとんど無味無臭に近いので、1度試してみてくださいね♪国産の同様のものはけっこう高価なのでよっしーはiHerbで購入しています。

レシチンの健康効果については、精神科医の藤川徳美先生のブログでもちょくちょく取り上げられているので興味のある方は読んでみてくださいね。

 

糖質依存症の方もいる…

正常者が禁酒をしても何も悪い症状は出ませんが、アルコール中毒者が急に禁酒すると「禁断症状」が出るように、糖質依存症の方が急に糖質制限ダイエットを始めると頭がぼーっとしたり、何となく具合が悪くなったり、しんどくなることがあるのは事実みたいです。

そういう方は「糖質制限すると頭がバカになるし、体を壊す!」ときっとおっしゃるでしょうね。無理もないことです。だって、その方にとっては事実なのですから。

何を食べるかはその人の自由ですが、もしあなたが現在何らかの不調に悩まされていて「どうやら糖質中毒らしいから一気に糖質を減らすことはできないけど、何とかしたい」と思うなら、焦らずに時間をかけて少しづつ減らしていけばいいと思います。

 

 

ひとりではなかなかうまくいかないこともきっとあると思うので、そのあたりを上手にサポートしてくれる医療が充実するといいなと思います。

そのような悩みを持つ方は、食生活を改善しなければお子さんにも同じような不調が起こるかもしれないということを忘れないでください。

なぜなら親の体質は子供に遺伝しますし、お子さんの食事はママが用意するわけですから…子供の頃によく食べていたものは、お子さんの好みに大きく影響を与えるでしょう。

 

にゃご
にゃご

子供たちの脳の発達のためには、まず脳の材料を優先して食べさせないといけないよね。

よっしー
よっしー

間違いなく言えるのは、ヒトの脳は決して砂糖で出来ていないという事よ!

子どもたちのために…
記事が役に立ったらシェアお願いします~!
新規投稿を見逃さないためにフォローしてね♪
もう失敗しない!正しい「糖質制限ダイエット」~元フィットネスインストラクターによる糖質制限漫画ブログ~
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.