糖質制限ダイエットをしてはいけない人ってどんな人?

糖質制限ダイエットをしてはいけない方もいる!

糖質制限ダイエットは「正しく」理解して実行すれば高い効果が期待できる食事方法ですが、中には「正しく」実行したとしても体調が悪化する可能性がある人もいます。

これは糖質制限ダイエットだけに限った問題ではありません。たとえば高糖質低カロリーダイエットでは血糖値が爆上がりしたり、なかなか痩せない方もいらっしゃいますよね。

 

 

「万人に合う、唯一無二の食事療法というものは存在しない」のかもしれません。だからこそ、いろいろな選択肢があってしかるべきだとよっしーは思います。

具体的にはどのような人が「糖質制限ダイエットをしてはいけない人」にあたるのかを今回は挙げていきますね。

 

なごみ
私は今のところ体調も良くて何も問題ないですが、中には病気などで糖質制限が合わない人もいるんですね?

よっしー
そうね、自分では病気だと気づいていなかったのに糖質制限してみて初めて病気が分かる人もいるんですって!

 

具体的にはどんな方は糖質制限してはいけないの?

活動性すい炎、肝硬変、長鎖脂肪酸代謝異常症の場合…これらの病気では低糖質で高脂肪の糖質制限ダイエットは合わないです。

長鎖脂肪酸代謝異常症は難病で、完治させることは出来ません。この病気の方は空腹状態にならないように数時間おきに糖質を摂取しなければいけないそうです。

ただしごく軽度の方の場合、これまで糖質をたくさん食べていた場合は病気であることに気付かないこともあり得るそうです。カルピンチョ医師によれば100人に1~2人はその可能性があるとか。

正しく糖質制限ダイエットを行って本当に低血糖になったり体調が悪化したのであれば、自分でも気づかなかった何らかの病気をお持ちの可能性があるので検査を受けたほうがいいと思います。

 

 

 

腎症でeGFRが60ml/分未満の場合 …すでにある程度以上腎機能が低下している場合は、高たんぱく食の糖質制限ダイエットは行わないほうが良い場合もあります。

よっしーのように糖尿病腎症と言っても初期で腎機能が低下していない場合は問題ないようですが、腎症が進行してしまっている場合はできれば糖質制限のことをよく知っている医師と相談して決めてください。

ちなみに、知り合いの小児科医は腎臓の病気について特に詳しい先生ですけど、ダイエットと健康のために糖質制限をなさっています。

その先生によると、すでに腎臓の病気であれば別ですけど、健康な人の腎臓が糖質制限によって悪化するとは考えられないそうですよ。

 

 

 

糖質依存症レベルが重症の場合…体内で糖を作り出す「糖新生」がスムーズにいかない可能性があるので、いきなりストイックな糖質制限はせず、ゆるやかに移行していくのが良いようです。

なぜかというとこのような方たちは今までしょっちゅう糖質を食べていたので、体が糖新生を行う必要がほとんどなかったからです。

今までずっと使用していなかった機能をいきなり使おうとしても、うまくいかないのは想像できますよね?

 

糖尿病患者が糖質制限する場合の注意点は?

糖尿病でインスリン注射や経口血糖降下薬を使用している方は、そのままで糖質を減らすと低血糖になり危険なので必ず医師に相談してから始めましょう。

糖質制限しながら飲んでも比較的心配のない飲み薬もありますが、中には低血糖の危険性がある薬も。

インスリンは、ランタスやトレシーバのような持効型インスリンならいいですが、アピドラやノボラピッドのように食事前に打つタイプは低血糖になるので、糖質制限をするときはごく少量に減量または中止しなければいけません。

 

 

よっしーは糖尿病で入院しているとき、主治医と相談の上アピドラを完全に中止して糖質制限食に切り替えたらうまくいったのでそのまま継続しています。

またすでに合併症の糖尿病腎症が進行してしまっている場合も糖質制限が出来ない場合があります。詳しくは、主治医とよく相談してくださいね。

 

妊婦さん・子ども・痩せている人は糖質制限をしてもいいの?

いろいろな専門家の方が「妊婦さんは糖質制限してはダメ」「糖尿病患者はいいけれど、子どもや痩せている大人は糖質制限してはダメ」などとおっしゃいます。

よっしーは素人ですけど、病気でなければこれらの人たちも糖質制限してもいいのではないかなぁと個人的に思っています。だって縄文時代以前の妊婦さんや子どもは何を食べて生きてきたの?

また、太っていないどころか痩せ気味の糖尿病患者もたくさんいらっしゃいます。この人たちにカロリー制限をさせればますますやせ細るだけで、血糖値はイマイチ改善しないかも…よっしーの父がかつてそうでしたから。

 

 

妊婦さん・子ども・痩せている方が糖質制限をする場合、必要なエネルギーをしっかり確保しなければいけないので難易度が高いと言えますが、それは「やってはいけない」ということにはならないでしょう。

妊娠糖尿病でも糖質制限でインスリンなしで無事に健康な赤ちゃんを産んだ女性や、赤ちゃんを生まれたときから糖質制限で育てているお母さんたちもいらっしゃいます。ただ、自信がない場合はやらないほうがいいかもしれませんね。

 

なごみ
自分の健康状態をきちんとチェックしながら糖質制限する必要がありますね。

よっしー
そうね、そのためには定期的に健康診断を受けるといいわね。1年に1度じゃちょっと物足りないかも!

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.