運動していれば、糖質制限ダイエットは必要ない?

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


運動しているから問題ない!?


日ごろから運動をよくしている人は「私は運動をしているので、糖質制限ダイエットは必要ない」と思っているかもしれませんね。
しかし本当にそうでしょうか?

運動は、健康に良い効果があります。
よっしーも自分にできる範囲で運動していますし、簡単な筋トレも有酸素運動もしています。
でも、ちょっと運動したからと言って、食べたものに含まれる糖質をすべて「なかったことにする」のはとてもムリです。

たとえば、コンビニのおにぎり1個分に含まれる糖質は約37g。カロリー換算すると、148kcalです。
運動で148kcalを消費するためには、ピラティス37分、エアロバイク20分、ジョギング18分。
食事のたびにタイミングよく運動できる人ならいいんですけど、普通に会社勤めをなさっている方はまず無理でしょう?

筋肉を増やすのはいいことだけど…


「筋トレで筋肉を増やせば基礎代謝がUPして痩せる!」と思うかもしれません。
しかし、筋肉が1kg増えても、基礎代謝量は約13kcalしか増えません
仮に筋肉を10kg増やしたとしても、基礎代謝量は130kcalしか増えません…これでは、おにぎり1個分よりも少ない量ですね。

そもそも、ボディビルダーのような本格的なトレーニングを行っていない人や女性が、そう簡単に筋肉が増えることはありませんし。

だから「運動さえしていればOK」ということはないわけです。
ただし有酸素運動はインスリンの効きをよくしますし、筋トレで成長ホルモンが分泌されると体脂肪が燃焼されやすくなるので、そういう意味で運動にはやっぱり価値があります。

ただ過信してはいけないということです。

昔の日本人はたらふく食べていたか?


昔の日本人はお米を中心に食べていて、確かに太った人は現代よりも少なかったと思います。
ただし平均寿命も、かなり短かったです。
昔の食生活を現代の日本人がそっくりマネした場合、長生きできるかどうかの保証はありません

また昔は食事の中で糖質の割合は多かったものの、全体的にそれほどたくさん食べることはできていませんでした。
現代とは比べ物にならない位労働が過酷だった時代に、太れるほどしっかり食べることができた人はごく少数だったのではないでしょうか?

ジムに通って運動していても、イマイチ痩せなくて悩んでいる人はたくさんいらっしゃいます。そんな場合は、運動はそれまでと変えずに糖質制限ダイエットを取り入れてみてください。
運動との相乗効果で、驚くほど引き締まった体になれるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.