さんま・栗・かぼちゃ・いも・果物…秋の味覚と糖質制限ダイエット

秋は美味しいものがいっぱいです

あんなに暑かった夏も過ぎて、ずいぶん涼しくなってきました。秋といえば、美味しいものがいっぱいの季節ですよね。さんま・栗・まつたけ・梨・ぶどう・かぼちゃ…

さんま、まつたけは問題なく食べられるとして、他も量にさえ気をつければ食べられないわけではないです。

あ、ぶどうやりんご、梨は果物の中でも糖質が多めで、しかも果糖の割合が高いのでくれぐれも食べ過ぎに気を付けてくださいね!

大昔のご先祖様が食べていた野生の果物は、現代のように品種改良してめちゃくちゃ甘くしたものではなくかなりショボかったそうです💦

また、よっしーは玄米ご飯と焼き魚を一緒に食べるのが何よりも好きな人でしたが、糖尿病になって糖質制限をしている現在は魚だけ食べます。

カロリー制限をしていたころは「さんまはカロリーが高いので2/3尾」なんてことをしていたのですが、今は1尾全部食べていいので満足しています♪

きのこといえば「神食材」のマイタケには血糖上昇を防ぐ働きがあるみたいですが、たとえば炊き込みご飯の中にマイタケを入れたとして、糖尿病患者ではどの程度の効果があるんでしょうか?

ガチ糖尿病のよっしーは怖くてとても試せませんが、軽度の糖尿病の方、よろしければ実験してみてください。

にゃご
そこまでして糖質を食べたいのか??って人は多いよね。

よっしー
まぁその気持ちは分かるわ…私も昔はそうだったから💦

ハロウィンと言えばカボチャですが…

秋と言えば、このごろは日本でもハロウィンで盛り上がっていますね。よっしーの息子たちが生まれた頃は、まだそれほどではなかったような記憶が…

楽しい行事が多いのはいいことなんですけど、ハロウィンと言えばカボチャ。そして冬至にもカボチャですよね。

よっしーは子供の頃からカボチャをしょっちゅう食べていました。亡き祖母がよくカボチャの煮物をたっぷりの砂糖を入れて作ってくれていたからです。

そのため大学生で一人暮らしを始めた時も、最初は祖母のレシピで甘いカボチャの煮物を週2回は作って食べていました。

さすがに「砂糖はヤバいらしい」と気が付いて20歳ごろからは極力砂糖をやめて炒め物にするなどしましたが、それでもやっぱりカボチャは好きでした。

糖尿病で入院する前の冬至の日にも、カボチャ料理を2種類作って食べた写真が残っています。こういう季節の行事はとても大切にしていたので…

普通の西洋カボチャ1/8個の中には、食物繊維4.6gと糖質22.4gが含まれています。食物繊維がたったの0.45gで糖質55gの白米ご飯150gと比べればはるかにマシで栄養価も高いですが、食べすぎには気を付けたいですね。

また栗は5個あたり21.3gもの糖質を含みます。栗5個なんてペロリと食べてしまいますし栗ご飯も美味しいですが、糖質は多いので気を付けましょう💦

サザエさん、焼きイモの食べ過ぎに気を付けて!?

秋と言えば、こっそり人目を忍んで石焼きイモをしょっちゅう買いに行くサザエさんを思い出します。←よっしーは物心ついた頃からのサザエさんマニアですwww

さつまいもMサイズ1本には58.8gの糖質が含まれていますので、どうか食べすぎには注意しましょう、サザエさん♪

でも焼きイモはまだいいほう(?)で、さつまいもを油で揚げて砂糖やみりんたっぷりのタレをからめた大学イモはもっとすごいです💦

よっしーは甘いものはそれほど好きではなかったんですけど、例外的に大学イモは大好きでたまに食べていました…

ある知人は境界型糖尿病でありながら「イモで血糖値が上がるなんて知らなかった」と言っていました。

ジャガイモもさつまいもも糖質ですし、これらを油で揚げると糖質+脂質という最悪の組み合わせになるので、いくら美味しくても糖質制限ダイエット的にはNGです。

秋の味覚も糖質制限ダイエットで美味しく楽しく

秋と言えばいろいろ行事もありますし「食欲の秋」でもあります。個人的にはもうすぐ15回目の結婚記念日もやってきます。

何かと美味しいものを食べ過ぎがちな季節だからこそ、食べたい放題食べていては現代の運動不足になりがちな生活ではすぐに太ってしまいます。

さんまやきのこなど、何も心配しないで食べてもいい秋の味覚もあります。それ以外の糖質が多い物は、量とタイミングを考えて適度に楽しむといいですね♪

にゃご
羽目を外しすぎない程度に楽しんでね!

よっしー
たくさん食べても大丈夫なものもあるわよ♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.