なぜ健康番組が面白いと感じる人とつまらないと感じる人がいるのか?

水野雅登先生が『ヒルナンデス!』にまた出演されます

東京の友愛病院でたくさんの患者さんたちを診察なさっている、糖質制限ドクターの水野雅登先生。

先日水野先生が『ヒルナンデス!』に出演なさいましたが、なんと明後日(2018年10月8日11:55~)再び出演なさるそうです!

下は水野先生のブログ記事からの引用ですが、この先生のお言葉がすべてを物語っている気がします…💦

生放送なので、話した事がダイレクトに流れます。流れてしまいます。
カットされませんよ!

『ヒルナンデス!』は生放送なので、話したことがすべてそのまま流れる。あとで都合の悪い部分をカットして編集することはできない…と。

では生放送ではない多くの健康番組はどうでしょう?つまりそういうことなんですよね。生放送ってやっぱりすごい!

せっかく良いことをお話されても、あとで都合の悪い部分を大幅にカットされてしまったら伝えたいことがきちんと伝わりませんからねぇ💦

また別の医師はテレビ出演の際あらかじめ「〇〇が体にいいと言ってください」と言われ、その通りにしないともう2度と出演できない空気を感じたので不本意ながらそうおっしゃったとか…

にゃご
えっ、お医者さんたちが伝えたいことが100%正しく放送されているわけじゃないのか?

よっしー
番組の意向に沿わない発言はカットされるでしょうね…

いろいろ知ってしまうと健康番組がつまらなくなる

健康番組は出演しているお医者さんたちの伝えたいことが必ずしも100%正しく伝えられているわけではないことを知ってしまうと、なんだかガッカリします。

テレビ番組はスポンサー企業がよく思わないような内容は放送できませんしね…あなたがよく見ている健康番組のスポンサー企業は、どこですか?

水野雅登先生は『ヒルナンデス!』が生放送なので喜んで再出演なさるわけですが、生放送ってカットできないからすごくいいと思います。

たとえば「あの神食材で血糖値が下がる!」なんて内容はよく健康番組で取り上げられますけど、生放送でその効果を確かめる実験を行ってみては?

血糖値を測る「フリースタイルリブレ」を腕に装着して、神食材を食前に食べた人はそうでない人よりも本当に血糖値が上がらないのかどうかを生放送で比較するのです。

あるいは「ごはん300g VS ステーキ300g!血糖値が上がるのはどっちだ!?」という実験もいいですねぇ。なぜやらないのでしょう?

そして「ついに登場!!画期的な神食材!!」なんてセンセーショナルに取り上げる割には「それ7年前ぐらいに流行ってたよね?私もよく食べてたわ…」ということがあまりにも多いです。

昔は健康番組が大好きでとても面白かったのに、最近では上記の理由から真面目に観ることはなくなってしまいました💦

でもある意味とても健康番組は面白い!

昔のように「へぇー!この食材ってすごいんだなぁー、明日買いに行こう!」みたいな「面白さ」を感じることは残念ながらもうなくなりました。

でも今は違った意味で健康番組が面白いと感じることもあります。「ツッコミどころ」が満載なので、そこをチェックしながら観ると実に面白いです。ブログのネタにもなるし♪

かつて日本国民を震え上がらせた伝説の番組『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』は回によってはトラウマものでした💦 自分が糖尿病だと知らないでご飯をもりもり食べていてある日失明した男性の話とか…

でも「油断していると大変なことになるよ」と警告してくれていたあの番組はとても良かったと思うんです、今だといろいろ難しいのかな?

テレビの健康番組で生放送でないものは特に、お医者さんの発言がカットされている可能性や何らかの意図が反映されているものだということを忘れなければ、健康番組はショーとして面白いものかもしれません♪

にゃご
健康番組で紹介された食材はよく売れるからなぁwww

よっしー
もともとそれを愛用していた人たちが買えなくて困ってしまうこともあるわ。すぐ飛びつくのもほとほどにね。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.