目指せ黄金比率!女性のウエストとヒップの理想のバランスは7:10だ♪

ウエストが63cmならヒップは90cmが理想!

以前NHKスペシャルで「女性のウエストとヒップの比率が7:10だと男性の目にはもっとも魅力的に見える」という内容を放送していました。

なるほど…ウエストが63㎝ならヒップは90㎝ということになります。おそらく多くの女性はヒップ90㎝は太いと感じるのではないかと思いますが…

ダイエットとかスタイルを良くしようと考えるときって、どうしても体重や体脂肪率ばかり考えてしまいがちです。

でも、とにかく細くならないと!!と思い詰めすぎると、痩せすぎてしまうことも…それよりも、メリハリのある体型を目指してみるといいのではないでしょうか。

夏は海やプールに出かけることが多いですけど、ただ細いだけの体型でははっきりいって水着姿はかっこよく決まらないですよ~。

全体的に体重を減らすことはできても、いわゆる「部分痩せ」はなかなか簡単に出来ることではありません。

でも、いくつかの点に気を付けるだけで、ウエストを引き締めてヒップにボリュームをつけることも可能なんです。

なごみ
全体的に痩せたい方もいるだろうけど、ウエストだけ気になる…と言う方もきっといらっしゃいますよね。

よっしー
ただ痩せればいいってわけじゃないから、かえって悩みは大きいかもしれないわね!

なぜウエストだけが太いの?

全体的には普通~やせ体型なのに、なぜかウエストだけが太い!こういう場合、考えられるのはどういうことでしょうか?

若い女性には比較的少ないのですが「内臓脂肪型肥満」というものがあります。これは腕や脚などは比較的ほっそりしているのですが、内臓の周りに脂肪が多いタイプです。

見た目がよくない皮下脂肪に対して、内臓脂肪は糖尿病・動脈硬化・高血圧などのリスクを高めるので要注意ですね。

通常、若い女性は男性と比較すると内臓脂肪型肥満にはなりにくいはずなのですが、生活習慣が悪いと内臓脂肪がつきやすくなります。

糖質と脂質を一緒に大量に摂取する・運動不足・お酒の飲みすぎ・果糖(清涼飲料水やフルーツ)の摂り過ぎなどが原因になります。

特に果物はヘルシーだと思って毎日しっかり食べている方が多いのではありませんか?下のグラフは日経ウーマンオンライン様のサイトからお借りしました。

果糖はブドウ糖よりも血糖値が上がりにくいのですが、果糖の方がずっと内臓脂肪を増やしてしまうことがお分かりいただけるかと思います…

よっしーも糖尿病と診断されるまでずっと1日2回ぐらい欠かさずフルーツを食べていたんですが、あれも良くなかったのでしょうね。

そして注意すべきなのは、体重が標準体重でも脂肪肝だったり実は内臓脂肪型肥満だったりする場合もあるということですね。

筋肉は脂肪より重いので、筋肉が少なくて内臓脂肪が多ければ体重はちょうどいいのに体の中身は不健康…ということもあるわけです。

腹筋がかなり弱いとどうなる?

ウエストが太いといってもその原因は脂肪であることが多いのですが、中には極端に腹筋が弱いためにお腹がぽこんと飛び出した幼児体型になっていることもあります。

腹筋は「天然のコルセット」と呼ばれているぐらいなので…腹筋がとても弱い方は、便秘などの不調に悩まされがちではありませんか?

腹筋を鍛えるときにうっかり忘れがちなのは、お腹の反対側…腰の筋肉です。なにしろウエストは体の前と後ろ、半々なので♪

腰まわりの筋肉を鍛えるにはコツがあり、最初はなかなか難しいもの。ジムでトレーナーさんに正しいやり方を教えてもらうか、よく勉強してから行いましょう。

糖質制限ダイエットで内臓脂肪は落ちやすくなる

実は、お腹だけぽっこり…のにっくき内臓脂肪型肥満の方の方が糖質制限ダイエットの効果が出やすいと言われています。

健康への悪影響が少ない皮下脂肪はいったんつくとなかなか減りにくいもの。いっぽう内臓脂肪は健康への悪影響が心配ですが、ダイエットすると真っ先に落ちやすいのです。

正しく糖質制限ダイエットが出来ている方は、中性脂肪は正常値の中でも低いほうでおさまっている方が多いはず

使いきれずに余った中性脂肪は内臓脂肪になってしまうので、糖質制限ダイエットでは内臓脂肪を減らす効果が高いのです。

男性は女性と比べて糖質制限ダイエットでスルスル痩せることが多いのは、男性は内臓脂肪型肥満が多いせいでしょうね。

女性も閉経後は男性のように内臓脂肪型肥満になりやすくなります。ウエストが気になる男女に糖質制限ダイエットは最適なのです。

もうちょっとヒップにボリュームが欲しいんだけど…

「ウエストはまあまあなんだけど、ヒップが薄っぺらいのが悩み…もうちょっとヒップにボリュームが欲しいんだけどな」という日本人女性はかなり多いでしょう。

欧米の女性は日本人よりも少しぽっちゃりしている方が多いのになぜかカッコ良く見えるのは、脚の長さもあるでしょうが、ヒップの肉づきにも原因がありそうです。

骨格はしょうがないですが、ヒップが扁平だと、なんとなく幼児体型に見えてしまうんですよね…ここは、衰えがちなヒップの筋肉をガッツリ鍛えましょう。

普段よく歩いたりするだけでもヒップや脚は引き締まりますけど、もうちょっとヒップにボリュームが欲しいと言う方は筋肉を肥大させるようなトレーニングを行いましょう。

筋肉をつけるためには糖質をしっかり摂らないといけないと思いがちですが、そんなことはないですよ♪農耕開始以前のヒトは糖質の摂取量は少なかったですが筋肉質だったようです。

ヒップに適度なボリュームがあってヒップの位置が高いと、脚も長く見えますし、実際よりもウエストが細く見えます。

糖質制限ダイエットと筋トレを上手に組み合わせて、ただ細いだけではない水着が似合う理想の体型を目指しましょう♪

なごみ
いつも座りっぱなしの方は特に、ヒップの筋肉を意識的に使わないといけませんよね。

よっしー
そうね、トレーニングしている人とそうでない人はやっぱり後ろ姿が違うわね。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.