吉野家のライザップ牛サラダを食べてみた!自作もできる?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライザップ監修の吉野家「ライザップ牛サラダ」を食べた!

2019年5月9日(木)、吉野家さんからあの「RIZAP(ライザップ)」監修の新メニュー「ライザップ牛サラダ」が新発売になりました。

なんでも、牛丼の具の下にはご飯ではなくキャベツが敷き詰められていて、豆や鶏肉や半熟卵も摂取できて栄養バッチリだということ。

これは1度食べに行かなければいけない…というわけで、初日に家族でさっそく食べに行くことにしました。

吉野家公式ウェブサイトによれば、ライザップ牛サラダ1人前あたり430kcal・タンパク質30.0g・脂質27.0g・炭水化物17.1g、アレルギーに関して牛肉 ・鶏肉 ・ごま ・大豆 ・りんご ・ゼラチンを使用しているそうです。

 

吉野家のライザップ牛サラダを食べてみた感想を描いた漫画

炭水化物=糖質+食物繊維糖質は12.2gだそうですから、食物繊維は17.1-12.2=4.9g含まれているという計算になりますね。豆や野菜も入っているからね。

1食あたりタンパク質30g摂取できるというのはとても良いと思うのですが、中学生の息子たちや夫は全然足りないみたいで卵と豚汁、肉を追加して結局高くつきましたwww

ぶっちゃけ自分で作ろうと思えば作れる感じなんですけど(漫画の最後のコマはよっしーが自作してみたものです、作り方は後ほど)外食時にはかなりありがたいですよね♪ 下がキャベツなのであっさりして美味しかったです。

アラフォーぐらいのサラリーマンの方がライザップ牛サラダを召し上がっていたのですが、その方はお腹が引き締まっていたのが印象的でした。

 

にゃご
にゃご

へぇー…よっしーとはもう縁がないと思っていた吉野家がねぇ…

よっしー
よっしー

久し振りに吉野家に行ったわ!その前は糖尿病と診断される少し前に夫と食べに行ったのを覚えているわ。

自宅でライザップ牛サラダもどきを作ってみた

吉野家さんには非常に申し訳ないんですが、主婦の方はたぶん自宅でライザップ牛サラダもどきを簡単に作ることが出来ると思います♪ほら、毎日食べに行くわけにも💦

我ながらなかなか美味しく出来たと思うので、作ってみたい方は参考になさってくださいね。特別な材料は不要です。

まず温泉卵を作りましょう。炊飯器に生卵を入れ、沸かしたての熱湯をかぶるぐらい注いで25分ぐらい保温すると出来上がりです。

 



 

その間にひと口大に切った鶏肉をゆで、牛肉(豚肉でも十分美味しいです!)のコマ切れをラードで炒め、しょうゆとラカントSと糖質ゼロ日本酒を加えて汁気を飛ばします。ブロッコリーはさっとゆでて塩を振ります。

どんぶりにキャベツの薄切りを敷き詰め、塩コショウをふった鶏肉と牛or豚肉をのせ、ブロッコリーと豆(個人的には納豆の方がより腸に安心と思います)を添え、中央に温泉卵を載せます。

ドレッシングは吉野屋さんでは和風しょうゆドレッシングを別添えで出してくれます。市販のドレッシングをあまり使いたくない場合はMCTオイルをベースに手作りしてみてくださいね。

外食の選択肢が増えたのはありがたいです!

今回の吉野家のライザップ牛サラダに対しては賛否両論あるようですが、ライフスタイル上どうしても外食しなければいけない方はたくさんいらっしゃいます。

糖尿病だったり糖質制限ダイエット中の方たちが外食時にも安心して食べられるメニューが増えたことは、とてもありがたいことだと思いますよ♪

よっしーが糖尿病と診断されて糖質制限を始めたのは4年と4か月ほど前ですが、当時はまだ今のように便利ではなかったですから、わずかな時間でよくぞここまで変わったものだと感謝しています。

吉野家のライザップ牛サラダの画像

 

吉野家のライザップ牛サラダ、量はあまり多くないので特に男性や成長期のお子さんたちは物足りないかもしれませんが、ぜひ1度食べてみてください。

サイドメニューの卵やみそ汁は糖質はあまりないですが「豚汁」「とろろ」「さば味噌」などはかなりの糖質なので気を付けてくださいね💦

そして作れる方は自宅で自分なりにアレンジして作ってみると楽しいですよ♪牛肉ではなく豚肉でもかなり美味しいので、騙されたと思ってお試しあれ☆

 

にゃご
にゃご

これからもきっとこういう外食メニューが増えていくと思うよ。

よっしー
よっしー

嬉しいわ、だんだんやりやすくなっていくんだもの。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
糖質オフなレシピ
スポンサーリンク
もう失敗しない!正しい「糖質制限ダイエット」~元フィットネスインストラクターによる糖質制限漫画ブログ~
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.