ご飯やパン、うどんなどの主食さえ抜けば糖質制限…じゃないぞ!

ご飯を食べなければ菓子パンを食べても「糖質制限」??

先日、Twitterでフォロワーさんから信じられないようなことを教えていただきました。なんと「私、糖質制限しているの~」とご飯だけ抜き、毎日のように菓子パン、クッキー、アイスなどを食べている方たちがいらっしゃるとのこと!

念のため書きますが、この場合の菓子パン、クッキー、アイスは糖質オフのものではなく普通のものだそうです。こういうものを毎日食べて「糖質制限」とは一体どういうつもりなのでしょう?

ちなみに、メロンパン1個で糖質は約45gぐらいはありますし、豆や野菜などにも糖質はそれなりに含まれていますので、メロンパンを主食として「バランスよく」食べるだけでもかなりの糖質量になります。

 

 

仮に1食で50gの糖質を摂取した場合、糖尿病患者だと食前血糖値が100だとすると最大で血糖値が250ぐらいまで上がることもある量なんですよ💦

正しい糖質制限ダイエットについてよく勉強してもなかなかうまくいかなくて困っている方たちもいらっしゃるのに…

でも、こういう勘違いって意外によくあるんじゃないかしら?と思ったので記事にすることにしました。あなたの周囲の方たちは大丈夫!?

 

なごみ
なごみ

えっ、えっ!?1食で糖質50gも摂取したら糖質制限じゃないですよね💦

よっしー
よっしー

そうでしょ!?毎日そんなことをしてよく糖質制限だなんて言えると思うわ。ビックリよ!

クロワッサンなら食べても大丈夫!?

先日、水野雅登先生が『ヒルナンデス!』で「食パン」「ベーグル」「クロワッサン」の3種類のパンでもっとも血糖値が上がりにくいものはどれですか?というクイズを出題なさいましたね。

正解は「バターを多く使っている分小麦粉の使用量が少なめのクロワッサンが最も血糖値が上がりにくい」なのですが、あくまでもこの3つの中では比較的上がりにくいというだけです。

でもこれを見て「わぁー、クロワッサンなら食べても大丈夫なんだ♪明日から朝のパンはクロワッサンにして糖質制限しようっと!」と思ってしまう人も多分いらっしゃる💦

また「ご飯やパンは血糖値が上がるからダメなんでしょ」と知っているのに「イモなら血糖値が上がらない」と信じていた方もいらっしゃいます。もちろん、菊芋じゃなくてジャガイモやサツマイモですよ。

 

 

マ〇ドのCMじゃありませんが「コーンは野菜だからたくさん食べてもいい」「カレーは飲み物」「ジャガイモは野菜だからヘルシー」「神食材を食べれば主食を食べても大丈夫♪」などなど。

糖質制限というものをまったく理解できていないのに「私、糖質制限ダイエットしてるから~」とおっしゃる方たちが想像以上に多いことにとても驚いています。

ローソンのブランパンの中には、かなり糖質量が多いもの(糖質20g近く)もあります。1個ならまだしも、そんなものを2つも食べて「糖質オフだから大丈夫よね?」と言われても💦

やるならきちんとやりましょうよ

 

ただご飯を抜くだけの食事は糖質制限ではなく「ご飯制限」です。ご飯やパン、うどん、ラーメンなどの主食を全部抜いてもお菓子やジュースを飲み食いするならそれは「主食制限」でしょう💦

本当に糖質制限ダイエットに興味があり、糖質制限ダイエットに取り組みたいならまずどんな食べ物にどれぐらい糖質が含まれているかを勉強しなければね。

基本的には「1食で摂取できる糖質の合計量はこれぐらいにしよう」と自分で決めて、なるべくその決まりを守るように努力すべきです。

テレビの訳の分からない健康番組をすぐ信じて「あの食材を食前に食べれば普通に主食を食べても大丈夫ね?」とか「食べても後で運動するから平気平気~」などとやりだすとどんどんおかしな方向へ。

「やるならきちんと勉強して正しく実践すること」これが糖質制限ダイエットを安全に成功させる絶対条件です。くれぐれも「おかしな糖質制限もどき」をして体調を崩すことのないようにね♪

 

なごみ
なごみ

分かりやすい本が色々出ているので、最低でも1冊は読んでから始めたいですね!

よっしー
よっしー

分からないことが出てきたらみんなで相談し合って解決していきましょう♪

 

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.