糖質制限しても痩せないあなた、もしかして糖尿病予備軍では?

なぜ夫(彼氏)は痩せるのに私は痩せないの?

夫婦やカップルで糖質制限をしているのに、男性の方はすんなり痩せて女性はなかなか痩せない、すっごく頑張ってるのに…!!と言う話は本当によく聞きます。

若い女性が痩せにくいのにはいくつもの理由が考えられます。それは妊娠出産に備えるためかもしれませんし、慢性的な鉄分不足で体が糖質を求めてしまい、糖質制限に挫折することも。

でも今回は、本当に本当に頑張って糖質オフにしているのにどうしても痩せないんだけど…という女性に隠された「ある可能性」についてお話したいと思います。

 

糖尿病予備軍の女性が糖質制限しても痩せにくい理由

 

糖質を多く摂取すると食後に血糖値を下げるホルモン「インスリン」が追加分泌されます。インスリンは血糖値を下げ、食事に含まれる糖質や脂質を体脂肪として蓄えます。

じつは糖質ほどではないにしても、ある種のアミノ酸を含んだ食品(肉などタンパク質豊富な食品)を食べた後にもインスリンが分泌されることが分かっています。

糖尿病ではない健常者の場合はほとんど問題にはなりませんけど、ある人たちではこれが大きな問題になり得ます。

 

なごみ
なごみ

えー!タンパク質食品を食べた後もインスリンが追加分泌されるなんて知らなかったです。

よっしー
よっしー

別にその程度はいいじゃないかと思いがちだけど、ある人たちにとってはこれが困りものなのね。

糖尿病予備軍・境界型糖尿病って?

よっしーは遺伝が大きく関わっている2型糖尿病患者です。夜テレビドラマを観ながらチョコレートをつまんだりしている母は一向に何ともなく、父・弟・フィットネス指導者だったよっしーの3人は若くして発症しました💦

で「あなたは糖尿病です」とはっきり診断されるほどではないけれど、すでに糖尿病の領域に片足を突っ込んでいるような状態が「糖尿病予備軍」「境界型糖尿病」と呼ばれるものです。

この段階ではすい臓のベータ細胞からしっかりとインスリンは分泌されているのですが、インスリンの効き目が悪くなっているので、同じものを同じだけ食べても血糖値を下げるためにたくさんインスリンが必要になります。

まずまる美さんのような状態になり、そのまま適切な治療をしないで放置するといずれ経過とともによっしーのようにインスリン分泌不全になってしまいます。

 

健常者・糖尿病予備軍・ガチ糖尿病患者のインスリン分泌量の違い

上の図を見てください。同じものを同じだけ食べた場合、健常者である夫は少量のインスリンでスッと血糖値が下がりますが、境界型糖尿病のまる美さんは2倍のインスリンを分泌しなければいけません。高度肥満の場合、3倍なんてことも珍しくないそうです!

糖尿病を発症してから何年も気付かずにほったらかしてしまったガチ糖尿病のよっしーの場合、もはや血糖値を下げるのに必要な量のインスリンさえ十分に分泌できません💦

インスリンは糖質を食べた時だけでなく、タンパク質を食べた後にも分泌されます。まる美さんのように健常者の2倍もインスリンが分泌されて、このとき脂質も大量に食べるとどうなるでしょう?

よっしーの経験上、脂質「だけ」を大量に摂取しても太ることはありませんでした。でもタンパク質や糖質と一緒に脂質を食べた時、意外に大量に分泌されるインスリンが脂質を体脂肪へ変えてしまいます。

タンパク質を食べないわけにはいかない

「タンパク質を食べてもインスリンが分泌されるのか~、それじゃもう脂質しか食べられないのかしら」と思ったあなた、それは間違いです!

なぜならタンパク質はヒトにとってものすごく重要なものであり、毎日少しずつ新しいものと入れ替わっています。

わざわざインスリンを分泌させてまで糖質を大量に摂取する必要は大部分の方にはありませんけど、インスリンが分泌されるとしてもタンパク質を摂取しないわけにはいきません

 

 

ではどうしたらいいかというと、まず糖質制限ダイエットを始めるときは糖質だけをカットして脂質はとりあえず好きなだけ食べてみてください。

脂質をしっかり摂取していれば、甘いものへの執着は次第になくなっていきます。このとき鉄分不足の方は必要に応じてキレート鉄などを飲み、体調を整えましょう。定期検査もお忘れなく。

そして体重がまったく減らなかったり逆に増えていくようであれば、脂質の摂取量を減らして様子を見てください。

糖質を制限するだけでどんどん痩せていくのは、糖尿病ではない男性に多いです。逆に妊娠出産が可能な年代の糖尿病予備軍または軽度の2型糖尿病でインスリン分泌能力がまだ保たれている女性は痩せにくいです💦

 

オプチマムプロテイン

 

よっしーのように糖尿病が進行して、もはや人並みの食事に対応できるだけの量のインスリンを分泌できなくなったというのも、ある意味いいんだか悪いんだか。

ともかく、このような状態に陥っている方はしばらくの間脂質を摂り過ぎないように気を付けましょう。体内で合成できない必須脂肪酸を補給するために青魚などは適度に食べましょう。

そして体重が目標まで減った時、あなたの体内ではインスリンの効きが良くなり、ドバッと2倍も3倍もインスリンが分泌されることはなくなるので脂質をたくさん食べても太りにくくなります。

その状態に何とか持っていかなければいけないので、いま辛い思いをなさっているみなさんは糖尿病予防のためにも頑張りましょうね♪

 

なごみ
なごみ

タンパク質しっかり、糖質と脂質オフの食事を試してみるといいんですね。

よっしー
よっしー

糖質はかなり減らしてもいいけど、脂質は「減らしすぎ」は禁物なので少しずつ試してね!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.